カップヌードル チリトマトヌードル(左)と、カップヌードル チリトマトヌードル ビッグ(写真は日清食品の発表資料より)

写真拡大

 日清食品は21日、「カップヌードル チリトマトヌードル」の発売35周年を記念し、リニューアル発売すると発表した。26日から全国発売。新具材に「白い謎肉」を起用し、「カップヌードル チリトマトヌードル」、「カップヌードル チリトマトヌードルビッグ」をリニューアルする。「白い謎肉」とは、鶏肉や野菜などの素材をミンチにして、フリーズドライ加工したもの。

【こちらも】カップヌードル、2020年までに15%減塩

 「カップヌードル チリトマトヌードル」は、1982年7月に全国で発売された。チリの辛さとまろやかなトマトスープが合い、すっきりとしたスープが特長。今年35周年を迎えた感謝の気持ちを込め、具材を充実させリニューアルさせた。チリトマトのスープとよく合う良質の鶏肉をベースに、「白い謎肉」を新開発し、ふんだんに使用している。キャベツ、コーン、トマト、インゲンなどの鮮やかな具材を使い、ボリュームたっぷりだ。

 21日より、「白い謎肉」が登場するプロモーションビデオ「White Mystery」をWEBで公開予定。「白い謎肉」が、トマトを象徴する赤と緑のコントラストの上で躍動する動画だ。前例のない質の高さで、謎に満ちている。きゃりーぱみゅぱみゅやPerfumeの楽曲を手掛けた人気音楽プロデューサーの中田ヤスタカ氏が、完全オリジナル楽曲を制作。

 「カップヌードル」は、チキンラーメンを開発した日清食品の創業者、安藤百福氏が発案。1971年9月18日に、手軽に食べられるラーメンとして初めて世界で発売し、それ以来のロングセラー商品となっている。今年で発売45周年。今や世界80カ国以上で販売され、400億食を突破している。

 カップ麺の種類には、レギュラー、ビック、キング、ミニ、ライト、リフィルなどがある。定番商品は、「カップヌードル」「カップヌードル シーフードヌードル」「カップヌードル カレー」。

 日清食品のブランドには、この他、日清ラ王、チキンラーメン、日清どん兵衛、日清焼きそばU.F.O、出前一丁、日清焼きそば、日清Spa王などがある。