@AUTOCAR

写真拡大 (全5枚)

「G31」5シリーズ・ツーリング発売

BMWは、新型5シリーズ・ツーリングを日本導入し、発売した。

新型は、ラゲッジ容量を570ℓに拡大し、最大で1700ℓまで拡張可能とした(先代比30ℓ増)。


くわえて、

40:20:40分割可倒式リアシート(ボタンワンタッチ操作)
独立開閉式リアウインドウ(テールゲート開閉不要)
ラゲッジ下の床下収納
ラゲッジパーティションネット

が標準で装備される。


走行面では、リアサスペンションに、セルフレベリング機能付きエアサスペンションを、全モデル標準装備。ラゲッジ内の荷物容量を自動判断し、車高を一定に保つことにより、乗り心地の良さとスポーティなドライビングを実現する。
 

523dツーリングは、クラストップ級19.4km/ℓ

エンジンは、全モデルが最新型BMWツインパワーターボを採用し、

523iツーリング:2.0ℓ直4ガソリン(184ps、29.6kg-m)
523dツーリング:2.0ℓ直4ディーゼル(190ps、40.8kg-m)
530iツーリング:2.0ℓ直4ガソリン(252ps、35.7kg-m)
540i xDriveツーリング:3.0ℓ直6ガソリン(340ps、45.9kg-m)

をラインナップする。

8速オートマティックの採用により、523dツーリングの燃費はクラストップレベルの19.4km/ℓとなった。


ほかにも、

インテグレイテッド・アクティブステアリング(後輪操舵)
インテリジェント4輪駆動システムxDrive(トルクを前後可変配分)
部分自動運転を可能とした運転支援システム

を採用。また、4輪駆動モデルのBMW540i xDriveツーリングは導入当初より取り揃える。

価格は、6,500,000円から10,690,000円。