MF稲本潤一がMFチャナティップとの2ショット写真を投稿

写真拡大

 北海道コンサドーレ札幌への期限付き移籍が決まっている“タイのメッシ”ことMFチャナティップが来日し、クラブの練習に参加したようだ。22日にMF稲本潤一が自身のインスタグラム(@junichi_inamoto17)で2ショット写真を添えて報告している。

 チャナティップは昨年12月に札幌への期限付き移籍が発表されたが、契約が2017年7月1日からとなっており、加入までは引き続き母国のムアントン・ユナイテッドでプレーしていた。今季のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)では鹿島や川崎Fと対戦し、優れた俊敏性とテクニックでJリーグ勢を苦しめたことも記憶に新しい。

 加入発表から約半年が立ち、ついにチーム合流となったチャナティップ。22日にインスタグラムを更新した稲本は「新しい環境、文化、言葉に慣れるには大変だと思うので、出来る限りフォローしてあげたいと思います」と、新たなチームメイトのサポート役を買って出ている。

 21日の天皇杯2回戦では7部に相当するいわきFC(福島県1部リーグ)に“ジャイアントキリング”を許してしまった札幌だが、今後へ向けて明るいニュースとなった。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●第97回天皇杯特設ページ