『ウォーキング・デッド』シーズン7

写真拡大

大ヒットサバイバル・パニックドラマ『ウォーキング・デッド』は主要キャラクターも含めてこれまで数多くのキャラクターが命を落としてきた。その中の一人を演じたある俳優が、同作に再登場する可能性についてコメントし話題になっている。豪Daily Telegraphが伝えた。

(※この記事は『ウォーキング・デッド』シーズン7の重要なネタバレを含みますのでご注意ください)

その人物とは、シーズン1から登場していたオリジナルキャラクターの一人、グレン役のスティーヴン・ユァン。ファンの人気も高い彼がシーズン7で死を迎えた時には、多くの視聴者を悲しませた。しかし、グレンの最期の言葉がマギー(ローレン・コーハン)に向けた「また君を見つけるよ」という言葉だったため、一部ファンの間では彼の再登場を予測している人たちがいるのだという。

この噂に対し、豪シドニーで開催されたファンイベントに参加したスティーヴンは、「誰にも何も強制したくはないけど、筋が通っているのであれば、もちろんやるよ」と、復帰に前向きなコメントを残した。

続けてスティーヴンは、「僕はシカゴでスケッチコメディや即興演劇をやってからロサンゼルスに移った。そして、あのドラマ(『ウォーキング・デッド』)がこの業界への扉を開けてくれたんだ。それだけではなく、これまでの7年間で僕の理解力やスキル、成長を本当に磨き上げてくれた」と、『ウォーキング・デッド』が自身のキャリアにおいて重要だったと語った。

シドニーを訪れたスティーヴンは、6月7日から18日まで開催されたシドニー国際映画祭にも出席した。スティーヴンが出演するNetflixオリジナル映画『オクジャ/okja』は6月28日(水)より配信予定。(海外ドラマNAVI)