Apink パク・チョロン「練習生時代、隠れてトイレで食事していた」驚きの理由とは?

写真拡大

Apinkのパク・チョロンが練習生時代、体重管理のために隠れて食べたことがあると告白した。

21日に韓国で放送されたtvN「水曜美食会」タッパル(鶏の足) 編でシン・ドンヨプは、ゲストとして出演したパク・チョロンに「Apinkのニックネームが“食い意地ドル(食い意地+アイドル)”でしょう」と話した。

これにパク・チョロンは「そうだ。メンバー全員が食欲が強く食べるのが大好きで、よく食べる方だ」と認めた。

続いてその理由に対して「練習生時代、一週間に一回ずつ体重チェックをした。その過程で食い意地ができたみたいだ」と説明した。

シン・ドンヨプが「代償行動だったの?」と聞くと、パク・チョロンは「そうだ」と答えた。

またパク・チョロンは「毎週月曜日に体重をチェックしたが、チェックしてから私たちのアジトであるトイレで…練習生の時には隠れて食べるべきだったので、自身が好きな料理を買ってきて晩餐を楽しんだ」と告白し、見る人たちの同情を買った。