画像提供:マイナビニュース

写真拡大

マネーツリーは21日、オーストラリア市場で個人資産管理・家計簿アプリ「Moneytree」のサービスを開始した。同社は今年の3月、国内外からの更なる資金調達を得て、この度、初の海外市場におけるサービスを展開する運びとなった。

オーストラリア市場はフィンテック分野におけるイノベーションが顕著で、世界トップクラスのフィンテック系スタートアップ企業が集結している。また今年は、モバイルアプリでの銀行取引がオンラインバンキングの利用を超えるなど、金融機関も利用者もデータポータビリティへの理解が浸透しているという状況があり、マネーツリーは、同社が提供するサービスとの親和性が高い市場であるという認識があったという。

オーストラリア市場においても「Moneytree」アプリのサービスは基本無料で利用できる。金融インフラプラットフォーム「MT LINK」については、主に金融・会計機関に対し提供していくとのことだ。

対応金融機関およびサービスは、銀行口座、ポイント、クレジットカード、証券口座。iOS/Androidアプリだけでなく、Web版を同時にローンチ。iOS版については、「Moneytree Work」経費精算サービスも提供される。提供価格は月額12.49オーストラリアドル/年額101.99オーストラリアドルとなっている。