22日、米国営放送ボイス・オブ・アメリカ(中国語電子版)は中国と韓国が20日に北京で開催した戦略対話について、「日本は冷ややかな目で見つめている」とする記事を掲載した。資料写真。

写真拡大

2017年6月22日、米国営放送ボイス・オブ・アメリカ(中国語電子版)は中国と韓国が20日に北京で開催した戦略対話について、「日本は冷ややかな目で見つめている」とする記事を掲載した。

対話では韓国側の代表である林聖男(イム・ソンナム)外務第1次官が、中国の外交トップの楊潔●[竹へんに虎](ヤン・ジエチー)国務委員と会談。在韓米軍への高高度防衛ミサイル(THAAD)配備で悪化した中韓関係の改善を目指し、ともに歩み寄ることで一致した。

楊氏は中国が中韓関係の発展を一貫して重視していると表明。韓国とともにさまざまな問題を解決し、2国間関係の改善と発展が早い段階で実現することを望むとした。

対話を受け、日本メディアは「双方が関係改善を望んだとしても、中国はTHAAD問題解決で韓国にさらに強く『政治的決断』を迫るだろう」と予測。中国側が両国関係の障害が依然として排除されておらず、朝鮮半島情勢はなお複雑な状況だと指摘し、「双方がさらに強い交流を重ね、安定的な関係を健全な回復軌道に乗せるため、手段を模索することが必要だ」と表明したことを伝えた。

一方、韓国側は実質的な戦略関係構築に向け、中国が韓国に続けている報復措置の解除を要求。最後まで中韓の意見は平行線をたどり、妥協点には達しなかった。(翻訳・編集/大宮)