新たに東京Vに加わったカルロス・マルティネス。生粋の点取り屋だ。(C)TOKYO VERDY

写真拡大

 東京Vは6月22日、新助っ人の獲得を発表した。
 
 新たにチームに加わるのは、スペイン人のカルロス・マルティネス。これまでグラマネート、テッラーサ、オロトを渡り歩き、昨季はビジャレアルB(スペイン3部リーグ)でプレーし、38試合で20ゴールを挙げるなど抜群の決定力を誇る30歳のFWだ。
 
 クラブの公式facebookに掲載されたコメントは以下のとおり。
 
「スペインのビジャレアルからヴェルディに来ましたカルロス・マルティネスです。私の持っているすべての力を出すために、そして多くの点を取るために、ヴェルディにやってきました。ぜひ、応援をお願いします」
 
 同選手は7月上旬に来日し、チームに合流予定。選手登録の手続きが済み次第、7月22日のカマタマーレ讃岐戦以降から出場可能となる。
 
▼プロフィール
【本名】Carlos MARTINEZ RODRIGUEZ(カルロス・マルティネス・ロドリゲス)
【生年月日】1986年6月27日
【出身地】スペイン
【身長/体重】183センチ/74キロ
【経歴】UDAグラマネート → テッラーサFC → UEオロト → ビジャレアルCF B