Screenshot: Lenovo/YouTube


これで軽ければ最高です。

いつの時代も薄く、軽くと進化してきたノートパソコン。「MacBook Air」の登場から一気に薄型ノートパソコンが一般化したのも、もはや懐かしいですね。そんな進化の行き着く先は、Lenovo(レノボ)がコンセプトを発表した「新聞紙のように折りたためるノートパソコン」かもしれませんよ?




先日のレノボの発表イベントで披露されたこのコンセプトは、ぐにゃぐにゃと曲がるディスプレイを搭載。そして本体を画面ごとぺたんと2つに折りたたむことができるんです。レノボは「新素材」と「新ディスプレイテクノロジー」でこのようなノートパソコンは製作可能だと主張していますが、具体的にどのような技術が想定されているのかには触れませんでした。

なお、このような曲がるディスプレイはすでに液晶でも有機ELでも部品レベルでは実現されています。あとは、いかに固い筐体なしにディスプレイや基盤を守るのかが課題になりそうです。

ただスマートフォンの世界に目を向けると、Samsung(サムスン)などは「折りたためるスマートフォン」を開発していると噂されています。今回のような2つに折りたためる大画面を搭載したノートパソコンも、いずれ登場するかもしれませんね!

・ぐにゃり。曲がる液晶ディスプレイがジャパンディスプレイから登場
・ぐにゃぁ…っと曲がる曲面ディスプレイが公開。折りたたみスマホに採用も?

Image: YouTube
Source: YouTube via The Verge, Twitter

(塚本直樹)