Blackmagic Design製品事例:BBCとNHKによる水中撮影の場合

写真拡大 (全3枚)

Blackmagic Designの発表によると、Blackmagic Micro Studio Camera 4Kが新しいEagleRay 4K水中カメラシステムに採用されたという。

同システムは1千メートルまでの水中での4Kフッテージの撮影に使用される。Arctic Raysの共同創設者であり、Alucia Productionsの有人潜水艇の操縦士でもあるリー・フレイ氏は、BBCの「Blue Planet II」およびNHKの「ディープ・オーシャン」シリーズの南極圏探索において、Blackmagic Micro Studio Camera 4Kを撮影に使用した。

Alucia Productionsは非営利のメディア企業で大手放送局や科学学術団体、保護団体やプロダクション企業と提携し、調査船「M/V Alucia」に乗り込んで海洋探査の記録を行っている。Aluciaの潜水艇操縦士であるフレイ氏は、ビジネスパートナーであり共同創設者であるダーク・ファイバーグ氏と共に、水中機器の照明および映像を専門にしたArctic Raysを設立した。フレイ氏は次のようにコメントしている。

フレイ氏:各自がそれそれの専門分野を持ち寄っているので、携わるすべての企業により、相乗効果が生じます。BBCのためにEagleRay 4Kを構築する際、シネマ品質の4Kフッテージが撮れ、可能な限り小型のスタジオカメラが必要でした。Blackmagic Micro Studio Camera 4Kはこの条件を満たしており、さらにリモートコントロール機能をカスタマイズできることはプロジェクトにとって理想的でした。

フレイ氏は、水中の小規模なコミュニティを実物より大きく見せる4Kフッテージが必要であるという依頼を受け、EagleRay 4Kを作成することにしたという。

フレイ氏:オリジナルのカメラはこれらのコミュニティの撮影には大き過ぎたんです。小型生物がひしめく魅力的で活発なこのミクロの世界は、海の底に存在しています。実物より大きく撮るためには、被写体にギリギリまで近づく必要がありました。例えば8センチほどの高さの珊瑚をアカスギの巨木のように見せたり、エビの触覚をつぶさに観察したり、ヒトデをエンパイア・ステート・ビルディングのサイズに見せるなどです。

またフレイ氏は、カスタマイズとリモート操作が可能で、EagleRay 4Kリグのパーツとして1千メートルの水深に耐えられるカメラを必要としていた。

フレイ氏:リグを設計する際、様々な制約があったのですが、Blackmagic Micro Studio Camera 4Kはすべての条件をクリアしていました。リモートコントロールの簡潔さ、そしてBlackmagic Designのオープンソースの考え方がとても好きです。少ないケースかもしれませんが私たちは潜水艇からカメラを操作する必要があるため、これは非常に重要なのです。

Blackmagic Micro Studio Camera 4Kをカスタムメードの水中ハウジングに入れて、インターフェース・エレクトロニクスとカメラマン用のハンドヘルドコントロールを構築し、リグを潜水艇に取り付けました。有人潜水艇の中は様々な機材が設置してあるので船内のスペースは非常に貴重なのですが、小型で軽量なカメラを使用することで何百ポンドの重さの機材を削減できました。

数回におよぶ探索で、Blackmagic Micro Studio Camera 4Kは60回潜水し、南極での3ヶ月間の深海作業を成し遂げた。

フレイ氏:海の底ではいつ何が起こるか分かりません。その全てを記録したいので、潜水中はカメラを始終オンにしています。通常は8時間ほど保ちますね。南極での潜水は初めてではありませんでしたが、1千メートルの水深は私たちにとって初めてでした。初めて撮影された生態系もあります。

これらの撮影は人々に海に対する興味を持ってもらい、保護・保全を喚起するために行っています。クジラやサメ、イルカは素晴らしい生物ですが、海洋コミュニティにおける最も重要なメンバーは、誰にも知られていない小さな生物たちです。これらの生物に焦点を当て、海の底で繰り広げられる世界を垣間見ることは本当に素晴らしいことですね。