画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ワコムは20日、同社アプリ「Wacom Inkspaceアプリ」のiOS版をアップデートした。アプリのパフォーマンスや、データ同期機能の問題が改善されている。最新バージョンは2.1.0で、対応OSはiOS 9.0以降。

「Wacom Inkspaceアプリ」は、本体の上に置いた紙に手書きしたデータをデジタル化できる「Intuos Pro Paper Edition」や「Bamboo」シリーズ用のアプリ。デジタル化したデータをスマートフォンやタブレットなどで閲覧・管理したり、エクスポート、フォーマット変換したりできる。

従来、使用環境によりデータがプラットフォーム間・クラウド間で同期されない問題があったが、最新版でこの問題が改善された。また、対応機種からWacom Inkspaceアプリへのデータ転送を最適化し、手書き文字をテキスト変換する「Ink to Text」機能も改善されている。