画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ヤマハは、楽器用ヘッドホンアンプの新製品として、ミキシングヘッドホンアンプ「SessionCake」シリーズの「SC-01」と「SC-02」を6月24日に発売する。市場予想価格は「SC-01」が7,000円(税抜)、「SC-02」が9,000円(税抜)。

1人での楽器練習だけでなく、最大8台まで「SessionCake」をつなげてセッション用ミキサーとして使用できる楽器用ヘッドホンアンプ。コンパクトサイズかつ電池駆動のため持ち運びやすい。大きな音を出せない環境でもエレキギターなどの楽器とヘッドホンを接続するだけで、ライン出力された音をヘッドホンから聴くことができるため、時間や場所を選ばず楽器練習ができる。また、外部機器を接続する端子を備えており、音楽プレーヤーやスマートフォンなどを接続して好きな楽曲や動画サービスと一緒に演奏できる。iOSデバイスや音楽系アプリと連携することで、録音・再生を行ったり演奏音にエフェクトをかけたりすることも可能だ。

製品サイズは、どちらもW103×H42×D103mm。外部エフェクターと接続するTRSミニケーブルを同梱する。電源は別売りの単3電池×2本で、充電式ニッケル水素電池にも対応している。電池寿命は約10時間。

「SC-01」はモノラル入力端子1口を備え、ギターやベースの練習や演奏に適している。接続端子はINPUT(標準フォーン、Hi-Z対応)、PHONES、CHAIN×2(ステレオミニ)、AUX(4極ミニ)。コントロールは電源スイッチ、MUTE DIRECT スイッチ、PHONES、INPUT、PAN、Me。重さは235g(電池除く)。

「SC-02」はステレオ入力とマイク入力に対応しており、ギターやベースのほかに、キーボードや電子ドラム、ボーカルマイクにも対応していている。接続端子はINPUT L/Mono、INPUT R(標準フォーン、Hi-Z対応)、MIC INPUT(XLR)、PHONES、CHAIN×2(ステレオミニ)、AUX(4極ミニ)。コントロールは、電源スイッチ、MUTE DIRECTスイッチ、PHONES、INPUT、PAN、Me、MIC(GAIN)。