Apple Musicでのロイヤリティ引き下げを求めて、Appleがレーベルと交渉を行っているようです。レーベルとの契約が6月末で一旦の終了を迎えることを見越してのものです。

Spotifyの引き下げに追従?

ロイヤリティの合意に達しなかった場合はどうなるのか――Bloombergによれば、6月末にレーベルとAppleとの契約は終了しますが、交渉が合意に達するまでデッドラインを延長する方策が採られるそうです。
 
ライバルのSpotifyが最近、ロイヤリティの割合をサービス収益のうちの55%から52%に引き下げたことからも、Apple Musicでも現行の58%から引き下げよう、とAppleが考えるのは自然な流れでしょう。

レーベル側は収益の減少を警戒

ただしBloombergによると、レーベル側はストリーミングサービスに対する警戒感が強く、彼らの収益の中心であったiTunesをApple Musicが食いつぶしているのではないか、という懸念は、以前より薄れはしたものの、未だに消え去ってはいないようです。
 
こうしたことから、レーベル側もAppleに対して、ストリーミングサービスが主流ではない日本やドイツといった地域で、iTunesをプロモーションするよう要求しているそうです。
 
なお、さり気なくBloombergは「貧弱なモバイルブロードバンド地域の消費者は、Apple MusicやSpotify経由でのストリーミングよりも、iTuneでの音楽ダウンロードの方を好む傾向にある」と述べていますが、これが日本のことを指しているのかは謎です。
 
もし、これが日本を指しているとしたら、世界のモバイル通信速度ランキングで世界10位に入るものの、LTE回線の帯域制限が厳しく、ユーザーがストリーミングを敬遠する傾向が影響しているかもしれません。
 
 
Source:Bloomberg
(kihachi)