画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ファーウェイ・ジャパンは、現在販売中のWi-Fiルーター「Mobile Wi-Fi E5383」のソフトウェアのアップデートを行う。アップデートは6月21日以降順次開始し、1カ月で全ての利用者のアップデートが可能となる予定。

APNを追加することでより多くのキャリアのSIMに対応し、ユーザーは手動でprofileを選択できるようになる。また、ネットワークの安全性を確保するため、 複数のセキュリティパッチを追加した。

今回のアップデートで、ソフトウェアのバージョンは、「21.317.00.01.1283」となる。アップデートのファイルサイズは約63MB。更新ソフトウェア配布開始後、 ネットワークに接続した状態で、 「メニュー」から「ソフトウエア更新」をタップ、「最新ソフトウエア確認」を選択し、システム更新画面からアップデートを実施する。なお、フル充電でのアップデート実施を推奨している。