カンヌ映画祭のオフィシャルカーをイメージした1台

 ルノー・ジャポンから、キャプチャーの特別仕様車「キャプチャー・カンヌ」が50台限定で発売された。映画好きならすぐにピンと来るだろうけど、これは世界3大映画祭のひとつであるカンヌ映画祭にちなんだ限定車。映画界のセレブリティ達を会場へと送り届けるオフィシャルカーをイメージしたモデルなのだ。 

 キャプチャー・カンヌは2015年から、毎年このカンヌ映画祭の時期に合わせて発売されているが、その装いはすべて専用カラーではあるものの年ごとに絶妙に異なっている。今年のカンヌはブラン・ナクレ・メタリックとブラン・エトワール・メタリックのデュオ・トーン、サイドのアンダーモールとホイールのセンターキャップに鮮やかなブルーがあしらわれるという、シックななかにも華やかさが漂う見事なまでのパリ風味。

 ドアを開けるとサイドシルにもブルーでRENAULTのロゴがあしらわれたキックプレートが目に入り、室内へと視線を向けるとブラックレザーにグレイのファブリックのコンビネーションによるシックなインテリア、そしてところどころに配されるブルー・シルバーのトリムと、エクステリアに合わせたコーディネート。そして9インチのSDナビゲーションや前席シートヒーターなども標準装備。ベースとなったキャプチャー・インテンスにプラスしてこの装いなのだから、289万円(税込)という金額には割安感を感じる。

 もちろんキャプチャー・カンヌはカンヌ映画祭にオーソライズされているので、当然ながら映画祭の象徴といえる「パルム(=黄金の椰子)」の公式エンブレムを身につけているわけだが、熱心な映画ファンとルノー・ファンならご存じのとおり、ルノーとカンヌ映画祭の縁は深い。1983年以来、ルノーはカンヌ映画祭にセレブリティ送迎車をはじめオフィシャルカーを提供し続けるなど、大きな協力を続けているのだ。第70回目を迎えた今年は、330台を超えるルノーがカンヌの街を走ったという。

 それどころか、ルノーは映画そのものと浅からぬ縁がある。ルノーの創設者であるルイ・ルノーは、世界で初めて撮影と映写の機能を持った複合映写機を発明し、世界で初めて実写映画を制作し、世界で初めて有料公開したオーギュストとルイのリュミエール兄弟に、1899年に最初のルノー車である「ヴォワチュレット」を収めている。最初に映画で撮影された自動車も、ルノーであったという。そして現在でもルノーの本社があり、かつては工場もあったルノーのスタートの地でもあるパリ郊外のブーローニュ・ビヤンクールは、1920年代からふたつの大きな撮影所を胞して映画産業の街としても発展した土地でもある。そうした縁もあって、ルノーは映画への支援を惜しまないのだろう。

2017年7月7日に公開の「ボンジュール、アン」にカングーが登場

 では、映画のなかに登場したルノー車といえば何が思い浮かぶらだろう? もちろんそれぞれの時代のフランス映画のなかで、その頃にフランスの街を走っていたルノー車が活き活きと走る姿を見ることができるわけで、クルマ好きは映画のシーンのなかにひいきのブランドやクルマをついつい探してしまうものだけど、主役よろしく派手に出演(?)してる作品はそう多くはないように思う。

 僕のどこか覚束ない記憶によれば、コメディの天才的な役者であり映画監督でもあるジャック・タチによる1971年のフランス映画『Trafic(邦題:僕の伯父さんの交通大戦争)』で、主人公が自身で設計してパリからアムステルダムまで走っていこうとするキャンピングカーが、確かキャトル・フルゴネット(ライトバン)をベースにしてるんじゃなかったか?

 1982年のエリック・ロメール監督による『Le Beau Mariage(邦題:美しき結婚)』にも、いい感じでキャトルが出てきていたと思う。キャトルといえば、日本でも2005年の竹中直人監督作品『サヨナラCOLOR』に、もちろん作中にも登場してるのだけど、公式ウェブサイトの最初の画面や予告ムービーでもかなり印象的に姿を見せている。

 個人的にもっとも記憶に強く残ってるのが、1983年の『007 ネバー・セイ、ネバー・アゲイン』だ。何せルージュのサンク・ターボ2が、ボンド・カーならぬボンド(の敵)ガール・カーとしてドリフト・シーンなど活き活きとした走りっぷりを堪能させてくれるのだ。

 そして、である。モダン・ルノーがずいぶん長い時間スクリーンの中に登場する作品が、もうじき公開される。2017年7月7日に全国ロードショーがスタートする『ボンジュール、アン』がそれだ。

 この映画、フランシス・フォード・コッポラの妻でありドキュメンタリー作品の監督でもあるエレノア・コッポラが80歳にして長編劇映画に初挑戦した作品で、エレノア自身の実体験をヒントにして脚本を執筆、夫のすすめで自ら監督もつとめたもの。エレノア自身が投影されている主役のアンはダイアン・レイン、夫のマイケルはアレック・ボールドウィン、夫の仕事仲間にしてアンと一緒にカンヌからパリへとクルマで向かう準主役のジャックはアルノー・ヴィアールと、キャストもかなり豪華だ。

 ストーリーについてはネタバレになる恐れがあるからサラッとだけ述べることにすると、著名な映画プロデューサーである夫や子供を長年支え続け、自分のことを常にあと回しにしてきていたアメリカ人女性のアンが、「これからをどう生きよう……?」と彷徨う気持ちを抱えたまま夫の仕事仲間のフランス人男性ジャックとの寄り道だらけのドライブ旅行に巻き込まれていくうちに、いつしか本当の自分を取り戻していく、という一種のロード・ムービー。

 パンフレットには「人生の分かれ道に立つ女性が、思いがけない旅で『忘れていた自分』と出会うまでを描き、新たな一歩を踏み出す勇気と元気をくれる物語」と記されているが、まさしくそのとおり。多くの大人の女性に観て欲しいし、同時にそうした女性を愛する男性こそ観るべき作品だとも思う。またカンヌからパリまでの美しい風景も見ものだし、ジャックの語る言葉そのものが観光ガイドの役割を果たしてもいるから、フランス好きにはそれだけで楽しめる。

 そのふたりの道中のほとんどを支えるのが、じつはシルバーのルノー・カングーなのだ。当初はジャックの愛車である古ぼけたピニンファリーナ・デザインのカブリオレでカンヌをスタートするのだが、途中で故障し、カングーにスイッチしてパリに向かうのである。

 ああ、わかってるなぁ……と感じたのは、ジャックの古ぼけた愛車と真新しいカングーの巧みな対比。カブリオレで移動してるときには安定感に欠け、クルマの動きにも粗っぽささえ感じられるジャックのドライビングに内心では不安を感じ、夫との電話で「彼は上手なドライバーとはいえないわ」とこぼしたアンだが、カングーでの移動中には助手席ですやすやと、それも結構長い時間眠ってしまう。

 走行中の車室内を撮影したカメラワークも見事で、カブリオレのときにはどこかぶわぶわ揺れていたのに、カングーに変わってからはピタリとフラット。自分の愛車にこだわるジャックには「食欲を減退させるクルマだ」なんていわれてしまうが、アンは「エアバッグ付きよ。音楽も聴ける」と安心した様子。そんなところにも、クルマ好きとしては喜びを感じてしまう。

 ともあれ、ルノーが大切にしている映画という文化。その側面からクルマを見つめてみるのも楽しいし、間違いなく知的好奇心を刺激してくれる“エスプリ”のうちのひとつといえる。何だかちょっと、フランスっぽい。

 タイトル:『ボンジュール、アン』

 公開表記:7月7日(金)、TOHOシネマズ シャンテ他にて全国ロードショー

 配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES

 ©the photographer Eric Caro

【ルノー・キャプチャー・カンヌ 画像ギャラリー】