今やセレブ界のトップスターと呼ばれるリアリティスターのキム・カーダシアン(36)。夫で人気ラッパーのカニエ・ウェストとは、2人の子を授かり幸せで円満な家庭を築いているようだけれど、子供たちにもう1人の兄弟を授かるべく、<コスモポリタン アメリカ版>によれば代理出産を行うことについて正式に契約したのだとか。

Easter 2017

A post shared by Kim Kardashian West (@kimkardashian) on

キムは、カニエとの間に2013年6月に娘ノースちゃんを、2015年12月には息子セイント君を出産し、2児の母親に。ただ、第1児出産の際に「子癇前症」という病気と「癒着胎盤」を合併し、予定日よりも6週間も早く出産した上に、出産後胎盤が子宮内に残ってしまったため、医師がキムの中に腕を入れ胎盤をかき出す治療を行ったそう。また第2児出産時も、再び「癒着胎盤」を経験。リスクの高い出産だったため、キムは「今後の妊娠は危険すぎる」と医師から伝えられていたそう。

そんな中、出産したい想いが強かったキムは、子宮の手術を受けることについて『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』の撮影中に告白。しかし、結果的に手術は成功せず…。

そんなキムは、最後の望みを託し「代理出産」に挑むと夫カニエと決意し、今回の契約に繋がったのだとか。

TMZ>が公表した「代理母出産」の契約内容がこちら。

1回4500ドル(約50万円)、トータル10回で4万5000ドル(約500万円)を支払い、もし子供が双子や三つ子だった場合は、1人につき5000ドル(約56万円)の加算、また代理母が万が一生殖器官を失った場合は4000ドル(約44万円)の支払いを約束。さらに、保証金として最初に6万8850ドル(約770万円)のデポジットの支払い。

#NationalSiblingsDay

A post shared by Kim Kardashian West (@kimkardashian) on

セレブではあるけれど、キムが子どもを願う1人の女性として考えると、その強い思いと実際に契約したという行動力は本当にたくましい。日本国内で代理出産は、原則として実施することができないけれど、海外での実施例が増える中、これは女性とその夫婦に与えられた1つの選択肢と言えそう。