好きなキャラクターランキング(男女総合TOP10)

写真拡大 (全7枚)

 バンダイは6月22日、子どもの好きなキャラクターに関する意識調査の結果を公表した。男女総合1位には3年ぶりに「それいけ!アンパンマン」、2位には初めてTOP3入りとなる「ドラえもん」がランクインした。

 子どもの好きなキャラクターに関する意識調査は、0歳〜12歳の子どもを持つ全国の親を対象にインターネットにより実施したもの。5月12日〜14日の期間に800人より回答を得た。

 男女総合ランキングは、2014年まで13年連続で1位だった「それいけ!アンパンマン」が3年ぶりの1位に輝いた。2位は「ドラえもん」、3位は「妖怪ウォッチ」、4位は「ポケットモンスター」、5位は「プリキュアシリーズ」。

 2位の「ドラえもん」は2016年の4位から順位を上げ、初のTOP3入りとなった。また、2016年TOP10圏外だった「名探偵コナン」が6位、「しまじろう」が9位、「スーパー戦隊シリーズ」が10位と、往年のキャラクターがTOP10にランクインした。

 男女別・年齢別の好きなキャラクターは、男子0歳〜2歳は「それいけ!アンパンマン」、3歳〜5歳は「スーパー戦隊シリーズ」、6歳〜8歳は「妖怪ウォッチ」、9歳〜12歳は「名探偵コナン」が1位。女子0歳〜2歳は「それいけ!アンパンマン」、3歳〜5歳は「プリキュアシリーズ」、6歳〜8歳は「すみっコぐらし」、9歳〜12歳は「名探偵コナン」が1位となった。

 今年初めて男女総合TOP10入りした「名探偵コナン」は、9歳〜12歳の男女から支持を集めた。また、「ドラえもん」は男子で0歳〜2歳を除くすべての年齢層で2位にランクインしており、幅広い年齢層に人気があることもわかった。

 過去1年間に、子どものもっとも好きなキャラクターのために親が使ったお金の平均は8,604円。もっとも多いのは「5,000円〜9,999円」で22.6%、ついで「1万円〜2万9,999円」21.9%だった。もっとも金額が高かったのは、1位が「おもちゃ(ブロック、ぬいぐるみ、変身アイテムなど)」18.3%、2位「ゲームソフト」6.8%、3位「服飾・装飾品」6.1%となった。 《リセマム 外岡紘代》