画像

写真拡大 (全3枚)

 アスカネットは、遺族向けのWebサービス「tsunagoo(つなぐ)」を開発し、6月26〜27日に開催される、フューネラルビジネスフェア2017で公開することを発表した。

 遺影写真の作成・加工サービスを提供するアスカネットは、遺族向けのWebサービス「tsunagoo(つなぐ)」を開発した。同社は、6月26〜27日に開催される、フューネラルビジネスフェア2017にて、同サービスを初公開する。

 同サービスは、遺族から会葬者へ訃報をスマホで配信し、さらに共有画面から供物の発注ができる、遺族向けのWebサービス。スマホ内のデータを遺影写真の原版として簡単に利用できる機能も実装している。

 連絡事項の多い葬祭ビジネスにおいては、少しでも簡単に多くの方に訃報知らせたい、という遺族のニーズがある。同社は、このニーズに応え、故人や遺族のスマホを活用し葬祭ビジネスをサポートしていく。

MarkeZine編集部[著]