ZE:A シワン&少女時代 ユナ&ホン・ジョンヒョンら、新ドラマ「王は愛する」撮影終了の感想語る

写真拡大

「王は愛する」のZE:A シワン、少女時代 ユナ、ホン・ジョンヒョンが最後の撮影の感想を述べた。

MBC「王は愛する」(脚本:ソン・ジナ、演出:キム・サンヒョプ) は高麗時代を背景に、3人の男女の行き違った愛と欲望を描いた耽美主義恋愛ファクション(ファクト+フィクション) 時代劇だ。100%事前制作で、シワン、ユナ、ホン・ジョンヒョン、オ・ミンソク、チョン・ボソク、チャン・ヨンナムなどが出演して注目を集めている。

「王は愛する」は先日(15日)、忠清南道(チュンチョンナムド) 扶余(ブヨ) 郡で最後の撮影を行い、約6ヶ月間の大長征(長い道のりにわたって征伐すること) を終えた。最後の撮影には、シワン、ユナ、ホン・ジョンヒョンなど昼夜を問わず熱演を広げた俳優とスタッフたちが、最後まで完璧を期した。

撮影終了後、シワンは「多くの俳優やスタッフが、6ヶ月間同苦同楽して撮影した作品だ。毎日一緒にしていたから、撮影が終わった後は寂しい気持ちがする。ハードに撮影したので視聴者の方にも楽しく見ていただきたい」と最後の撮影感想を伝えた。

ユナも「6ヶ月間良い方々と一緒に撮影でき、とても感謝している。ウン・サンというキャラクターは新たなる挑戦だった。ワン・ウォンとワン・リンのおかげでときめいたし、非常に悩んで演技することができて幸せだった。私たちの貴重な時間が視聴者の皆さんに伝わったらいいなと思う。今夏、ウン・サンと一緒に多くの方々が胸キュンして欲しい」と、感謝の挨拶と一緒に期待してほしいと伝えた。

ホン・ジョンヒョンは「寒い時に始まり、猛暑が始まるまでの6ヶ月間、ワン・リンを演じながら泣いて笑った。大変な瞬間でも良い俳優、スタッフと一緒だったので打ち勝つことが出来た。撮影が終わったという事は実感できず、むしろ名残惜しい気持ちが大きい。どんな感じで放送されるか気になるし、楽しみにしている。同時にちょっと怖くもある。視聴者の立場で、一ヶ月程度しか残っていない最初の放送をドキドキしながら待つ」と胸の高鳴りを示した。

「王は愛する」の制作会社U STORY NINEは「15日に行われた撮影を最後に『王は愛する』の全ての撮影が無事に完了した。寒い冬から暑い初夏まで、韓国全土津々浦々を訪ね、チームを率いたキム・サンヒョプ監督をはじめとし、スタッフ一同とシワン、ユナ、ホン・ジョンヒョン、オ・ミンソク、チョン・ボソク、チャン・ヨンナムなど、熱演を広げた出演者、最後まで興味をそそる台本執筆に汗を流したソン・ジナ作家に感謝を伝えたい」と述べた。続けて「終盤作業に心血を注いで、出来の良いドラマでお会いする」と話した。

「王は愛する」は、同名の小説を原作にしたファクション恋愛時代劇。100%事前制作で行われ、7月に韓国で放送予定だ。