スティーヴ青木、“コンバース トウキョウ × ディム マック”スタート

写真拡大

100年以上の歴史を持つコンバースに“TOKYO”というフィルターを通して展開する、2015-16FWにデビューしたアパレルブランド“CONVERSE TOKYO”。2017-18 AUTUMN/WINTER シーズンより、同ブランドから新メンズライン“コンバース トウキョウ × ディム マック”がスタートする。

◆コンバース トウキョウ × ディム マック 画像

ディム マックはスティーヴ青木らによって1996年に音楽レーベルとしてスタートし、2006年からファッションラインを展開してきた。2015-16年秋冬シーズンから新たにアパレルコレクションを立ち上げ、LAのストリートからレーベルの「BY ANY MEANS NECESSARY(とにかく絶対やる!)」というフィロソフィを込めたファッションピースを発表、2017-18AW<NEW YORK FASHION WEEK>では初のランウェイに参加、世界中のセレクトショップから高い評価を得ている。

一方、100年以上続くコンバースの歴史は、音楽やカルチャーとの密接な関わりから紡ぎだされてきた。現在の音楽業界、そしてファッション業界の最前線で活躍するディム マックとのコラボレーションでは、ディム マック本来のラグジュアリー、アーバン&ストリートの考え方をベースに“CONVERSE TOKYO”らしい色味とシルエットで仕上げた特別なラインナップを提案。ディム マックの得意とするレトロフューチャー感溢れるグラフィックとSTARのロゴを配した今シーズンのコレクションとなっており、本ラインとは違う“CONVERSE TOKYO”らしい大人ストリートに落とし込んでいるのが特徴だ。

LOOK Staff Credit
Stylist:YOHEIUSAMI (BE NATURAL)
Photographer :MITSUO OKAMOTO
Hair :HORI (BE NATURAL)
Model:MARCEL DANIELS (Exiles)

◆CONVERSE TOKYO オフィシャルサイト
◆DIM MAK オフィシャルサイト