蓮舫(民主党代表)

写真拡大

長島昭久・元防衛副大臣の離党、細野豪志・代表代行の辞任など、「自壊の始まりか」とささやかれている民進党。次期衆院選で「安倍1強」とどう戦うか、蓮舫・民進党代表を直撃した。

■民進党は自壊の始まりか

【塩田潮】民進党は今年3月の定期党大会で「原発ゼロ」を打ち出しました。党代表として、民主党以来の方針である「2030年代ゼロ」を前倒しして「2030年ゼロ」を目指しながら、党内の反対派の抵抗で阻まれたという印象です。

【蓮舫(民進党代表)】まず、明確にしたいのは、私自身は「30年ゼロ」と言っていません。一部報道が先走った部分がありましたが。最終的な選択肢は原発ゼロしかないと思っています。3・11のときに内閣にいた者の責務として、科学が自然を抑え込むことができるという神話を主張してきたことを猛省すべきです。幸い国民の勤勉さや、経済界の技術力の豊かさもあって、民主党政権で掲げた2030年を期限とする節電目標がすでに前倒しで実現をしています。更に何ができるか、エネルギー環境調査会に検討をお願いしました。基本的には調査会に全権委任していますから、途中経過に私は関知していません。

調査会での検討も踏まえて、原発ゼロ基本法案を総選挙までに作成する、次の総選挙の大きな公約にするということを党大会で承認を得ました。党内に様々な考えの人がいますが、これが組織決定です。「原発ゼロ」実現の期限を区切ることよりも、原発ゼロに持っていく道筋、再稼働へのハードルのあり方、最終処分場などバックエンドの問題に対して責任を持って道筋を示すことが大事だと思います。

【塩田】今年4月に元防衛副大臣の長島昭久氏が離党し、細野豪志代表代行も辞任しました。「民進党の自壊の始まりか」という声も噴出しました。長島氏の離党については。

【蓮舫】去るものは追いません。党として除籍処分にし、議員辞職勧告も決めました。それ以上、言及することは何ひとつありません。

【塩田】細野氏の代表代行の辞任については。

【蓮舫】憲法観について独自の考えを持っているのは、わかっていました。より自由な立場で発信したい、ということだったのだと思います。雑誌に憲法論を発表するということを電話でやり取りとしていて、憲法のあり方を含め、考え方の共有について相当、確認しました。

【塩田】こういう動きが出たことについて、党首としてどう受け止めていますか。

【蓮舫】特に長島氏については、「本当に申し訳ない」「残念です」の一言です。なぜまとまれないのか、私の不徳の致すところとして猛省するしかないです。2年前の安保法制法案のときも、昨年のカジノ法案でも、しっかりと議論して誰もこぼれませんでした。「右から左まで」と言われながら、これまでバラバラにならずに結束を守ってきたので、リーダーとして忸怩たる思いがあります。二度とこういうことが起きないように、国会対策や党内の組織のあり方も含め、議員の思いがしっかり私に届くように、幹事長部局や国会対策委員会など、どの段階でもきめ細かに交流を取っていこうとしています。

【塩田】旧民主党の時代も含めて、総選挙では12年、14年と2連敗しました。現衆議院議員の任期満了は18年12月で、そこまでに必ず次の解散・総選挙があります。

【蓮舫】とにかく勝つことです。それには潔さと私たちの政策の旗だと思います。何をやりたいのかわからないと言われ、おわびと反省で頭を下げ続けた時代が長く続きました。ですから、頭を上げます。「原発ゼロ基本法」と「教育」は決定済みです。もうひとつは国のあり方で、税と社会保障、給付のあり方を掲げます。安倍首相が最も逃げているのが「社会の分断」という現実ですが、それに目を向ける。

【塩田】現在は参議院議員ですが、次期総選挙で衆議院議員への鞍替えを目指しますか。

【蓮舫】鞍替えします。もちろん小選挙区で出ますが、選挙区はまだ決めていません。

【塩田】「1強」打倒のために、次期総選挙で共産党を含めた野党共闘の話が出ていますが、共産党とは選挙共闘だけですか。それとも将来の政権構想も視野に。

【蓮舫】基本理念や国家像の大きく異なる共産党と政権を組むことはない。明言していますし、これからも明言し続けます。我々が進めるのは野党「連携」です。ただ、選挙は勝つために有権者に、小選挙区では1対5とか1対4ではなく、1対1で選んでくださいというシンプルな提案を広げることが大事です。候補者調整が必要で、去年の年末から各党の選対委員長で話を進めています。選挙はオーダーメードで、地域性があったり、地域によって政策の優先順位について需要が違ったりします。それが一致したところが野党連携できる小選挙区だと考えています。

■最優先の政策をワンボイスで言い続ける

【塩田】民進党の支持層の中には、共産党と組むなら支持しないという人も多いのでは。

【蓮舫】オーダーメードとはそういうところです。私たちは細やかに調査していて、野党連携で票が離れる地域は明快に出ています。そういう情報も共有しながら、どういう戦い方を取るか、党内で話をして、それをもって選対委員長が実務者協議に臨んでいます。

【塩田】民進党が共産党と選挙協定を結んで全国で共闘するという形ではないのですね。

【蓮舫】それはないです。

【塩田】選挙で手を結び、終わった後は組まないということで、共産党はOKですか。

【蓮舫】そこも含めて、岡田前代表時代から「できる限りの協力」で合意をしていますから、それで進めます。今でも国会では共同提出の法案をいくつも出していますし、野党勢力の議席が増え、私たちが政権交代できれば、ともに政策実現に前進できます。

【塩田】民進党の長期低迷は、国民の期待感がほぼ完全消滅しているのが最大の原因と思います。期待感を再醸成するための独自のプランや構想、秘策はありますか。

【蓮舫】もちろんありますが、ここで全部を披露するようなものではないと思っています。今は国会が開かれていますので、まず反射神経を高め、日々、しっかり対応していく。中長期的には、組織として選挙に勝てる態勢をつくっていく。民進党として掲げる最優先の政策をワンボイスで言い続ける。これがとても大事だと思っています。ころころ変わったり、空気に流されたりする話でなく、ぶれずに言い続けていくことが大事です。過去からずっとつながっているもの、揺るがないものを、私たちはみんなで一緒に持っています。それをしっかりまとめ、戦っていける力に持っていきたいと思っているんです。

【塩田】代表就任の際、二重国籍問題が浮上しました。

【蓮舫】そもそも私は日本人です。ただ、私の高校生のときの曖昧な記憶に頼った発言をしたことが、結果として混乱を生じさせてしまったことは、本当に申し訳ないと思っています。聞かれたら、何度でも説明する責務が私にはあります。

私の国籍は日本のみです。弁護団とも丁寧な打ち合わせをしながら、すでに国籍離脱の手続きは済ませています。台湾籍放棄手続きを行い、昨年の9月13日に台湾の駐日代表処から正式に離脱証明書を受領しています。その後、9月26日に住居地の区役所に外国国籍喪失届の提出をしましたが、10月7日に不受理となりました。台湾当局が発行した国籍喪失許可証は、一般的な戸籍事務として受理されないことが理由でした。日本政府として、台湾籍を「一国籍」として扱わないため、戸籍実務として二重国籍と認めていないのです。そこで、法務省からの指導もあり、同日、国籍選択宣言手続きを行い、それにより全ての手続きが完了しました。

【塩田】自身の二重国籍問題が注目を集めたことをどう受け止めていますか。

【蓮舫】曖昧な記憶に基づく私の発言が一貫していなかったことで、誤解を生み、ご心配をおかけしたことについては、大変申し訳なく、忸怩たる思いです。他方、そうか、国籍に対して、強い思い、すごく熱い気持ちの人がいて、声が大きいということもわかりました。私は04年の初当選のときから一貫して蓮舫という名前でやっています。父の出身が台湾と言って国民の負託を受けています。民進党には白真勲さんもいるし、かつてに比べると、政治家になるハードルは随分、低くなっていると思います。人口減少の時代を迎え、国の持続可能性を考えたとき、どういう国がいいかという点で、私たちは党の綱領で「共生社会」を目指していますので、多様性は認めていくべきだと思います。

■貧困の連鎖を何としても止めたい

【塩田】なぜ政治家を目指したのですか。

【蓮舫】仙谷由人さん(元官房長官)からのお誘いです。テレビのキャスターだったとき、私はテレビによる行政監視をと思い、特に子どもの問題を扱っていたので、仙谷さんに「その点に思いがある」と言ったら、「政治の内側でやったほうがよっぽど社会は動く」と言われ、気持ちの中でストンと落ちたんです。キャスターで田原総一朗さん(評論家)とも一緒に番組をやっていましたから、政治家と交流がありました。仙谷さんもその一人です。

 もともと政治は汚いというイメージしかなく、興味も関心もありませんでしたが、仙谷さんから「政治は中から変えられる。自民党でなくても実現できる」と言われたのはものすごく魅力的でした。テレビの世界では、スポンサーの都合で番組の予算が削られる時代が続いていて、ドキュメンタリーやロケに日数を要するような硬い特集番組が受け入れられづらい風潮があり、子どもの問題を扱うのは難しくなっていたので、「中でやったほうがいい」というのは、そのとおりだなと思った。それが政治家の道を選択した理由です。

【塩田】政治家としてこれだけは達成したいと思っている目標は。

【蓮舫】食べられない子どもをなくしたい。豊かといわれる日本で「子ども食堂」の開設が後を絶たない。貧困が目に見えない時代になって、目で見て貧乏とわからないとき、夏休みが終わると、痩せている子どもたちがいる。学校の先生は、ご飯を食べられているか、いないか、わかっている。戦後70年以上を経て、社会の分断があり、その被害を子どもが一番受けています。子どもにこだわって、最初に本会議で質問したのが児童虐待防止の改正案でした。子どもの問題を勉強したとき、日本は子どもに対してなんて手が届いていない国だろうと思いました。社会保障給付は高齢者が約7割で、子どもは5%です。今、そのツケが貧困の連鎖を生んでいます。ここを何としても止めたい。

----------

蓮舫(れんほう)
民進党代表
1967(昭和42)年11月、東京都生まれ(49歳)。貿易業の台湾人の父と日本人の母の長女として生まれる。青山学院大学法学部公法学科卒業。大学在学中に音響機器メーカー・クラリオンのキャンペーンガール「88年度クラリオンガール」に選ばれる。テレビのワイドショーなどに出演した後、93〜95年にテレビ朝日の報道番組「ステーションEYE」のメインキャスターを務める。93年に結婚。95〜97年に北京大学に留学。2004年7月の参院選に東京選挙区から民主党公認で出馬して当選(以後、参議院議員3期)。09年10月、民主党政権で内閣府が設置した事業仕分けワーキンググルーブで農林水産省・文部科学省・防衛省担当となり、「仕分け人」として活躍して注目された。10年6月に菅直人内閣で内閣府特命担当相(行政刷新)に就任。11年9月に野田佳彦内閣でも内閣府特命担当相に起用された。民主党幹事長代行、代表代行を経て、16年9月の民進党代表選で前原誠司、玉木雄一郎を破って代表に就任。民進党では野田グループ所属。1男1女の母。

----------

(作家・評論家 塩田 潮、民進党代表 蓮舫 撮影=尾崎三朗)