【詳細】MVはこちら

indigo la Endが、7月12日にリリースするメジャー3rdフルアルバム『Crying End Roll』より、「プレイバック」のミュージックビデオを公開した。

都内のレコーディングスタジオで撮影された今作は、特に派手なセットがあるわけでもなく、至ってシンプル作りであるにもかかわらず、監督の岡田氏によって、楽曲と歌詞、そして映像の3つが見事にマッチし、ドラマチック描かれている。

また、indigo la Endのミュージックビデオにはこれまで数多くの女優が参加していたが、今回はCMにも多数出演している安藤輪子が出演したミュージックビデオとなっている。

岡田監督 コメント

思い出す男と、思い出される女。

二人を録音スタジオの、コントロールルームと、演奏ブースに離して置くことで、その関係を可視化しました。二人の間には、分厚いガラスがあります。

彼女の表情はガラス越しにプレイバックされ、彼女のコトバもまた、

かつてのマイクが拾い、大きなスピーカーでプレイバックされています。

演奏シーンでは、川谷さんに、indigo la Endに向き合ってもらいました。

女優・安藤輪子さんの儚い表情、indigoの力強い演奏と、どうぞ、向き合ってください。



リリース情報



2017.07.12 ON SALE

ALBUM『Crying End Roll』

indigo la End OFFICIAL WEBSITE

http://indigolaend.com/