スターバックス”畳の間”でコーヒーを味わえる新店、京都・二寧坂の日本家屋にオープン

写真拡大

スターバックス コーヒー(Starbucks Coffee)は、京都・二寧坂の築100年を超える伝統的な日本家屋を用いて、新店「スターバックス コーヒー 京都二寧坂ヤサカ茶屋店」を2017年6月30日(金)にオープンする。

店舗となるのは、江戸時代桝屋喜兵衛により家敷地として開拓され、明治末年に藤井音次郎が貸座敷・借家群として宅地開発した和風邸宅。世界遺産の清水寺へと続く二寧坂に位置するその家屋は、古き良き趣を保っている。

スターバックス コーヒーは、可能な限りそのままの形を保存しながら新店へとアップデート。暖簾や畳の間がある”和のスターバックス”として生まれ変わらせた。

1階、暖簾を潜った先の店内には、京都・東山花灯路に見立てた長い廊下が続く。その先に広がったバーカウンターでは、バリスタが来店者を迎えコーヒーを一杯一杯丁寧に提供する。また店内には、前庭、中庭、奥庭を設置。光の差し込む明るい庭は、緑豊かな木々が枝を広げ優雅な空間となっている。

2階には、靴を脱いでくつろげる畳の座敷を3部屋用意。丹後ちりめんを張り地に使用した座布団に座り、まるでお茶を飲むようにコーヒーを味わうことができる。いつもとは異なる空間で過ごすカフェタイム、旅の思い出にぜひ取り入れてみて。

【ショップ詳細】
スターバックス コーヒー 京都二寧坂ヤサカ茶屋店
オープン日:2017年6月30日(金)
住所:京都市東山区高台寺南門通下河原東入桝屋町349番地
営業時間:8:00-20:00
※6月30日(金)のみ13:00〜20:00。
席数:51席


[写真付きで読む]スターバックス”畳の間”でコーヒーを味わえる新店、京都・二寧坂の日本家屋にオープン

外部サイト

  • 「春水堂」グランフロント大阪店に関西の旗艦店オープン、タピオカ&ミルクティー2倍”メガタピ”発売
  • スターバックス新作メニュー情報まとめ - フラペチーノやスイーツ、グッズも
  • スターバックス新ドリンク「シェイクン ウォーターメロン & パッション ティー」爽やかなスイカが香る