元4Minute ナム・ジヒョン、新ドラマ「最強配達屋」出演オファーを受け“現在検討中”

写真拡大

最近女優への転向を宣言した元4Minuteのナム・ジヒョンがドラマ出演を検討している。

昨日(21日)、ナム・ジヒョンが所属しているアーティストカンパニーは、TVレポートに「ナム・ジヒョンがKBS 2TV『最強配達屋』の出演オファーを受けた。現在検討中だ」と答えた。

ナム・ジヒョンは「最強配達屋」でイ・ダナ(チェ・スビン) の親友チェ・ヨンジ役の出演オファーを受けた。2009年にガールズグループ4Minuteとしてデビューしたナム・ジヒョンは、グループ活動とともにドラマ「大丈夫、パパの娘」「千回のキス」「彼女は200歳」「恋愛細胞」「マイ・リトル・ベイビー」などを通じて、演技の経験を積んだ。

4Minuteが解散した昨年6月以来、女優への転向を宣言したナム・ジヒョンが「最強配達屋」を通じて、本格的な女優活動に乗り出すかどうかに関心が集まっている。

「最強配達屋」は、持っている物といえば配達カバンしかない人生を生きる人たちの痛快な逆転を描いた、迅速・正確・熱血な青春配達劇だ。夢を見ることさえ無意味になった世の中で、何も持っていない青春たちが作り上げていく、勇気と希望を語る。純度100%熱血青年たちの成長とロマンス、街中商店街を取り囲む波乱万丈な格闘記を描く予定だ。韓国で7月から放送される予定だ。