現代自動車(左)と傘下の起亜自動車=(聯合ニュース)

写真拡大 (全5枚)

【ソウル聯合ニュース】米調査会社JDパワーは22日、新車の初期品質調査で韓国の起亜自動車が2年連続1位になったことを明らかにした。

 調査は昨年11月から今年2月にかけて米国で販売された33ブランドを対象に、購入3カ月後の不具合指摘件数から判断した。起亜は昨年の調査で、3年連続1位だった独ポルシェを制してトップに立った。起亜と親会社の現代自動車によると、同調査が1987年に始まって以来、韓国のブランドが2年連続で1位となったのは初めてだという。
 今回は、独立した高級車ブランドとして昨年8月に米国市場に進出した現代の「ジェネシス」が、初の評価で2位につけた。3位はポルシェ。現代自動車ブランドは6位だった。
 現代・起亜の関係者は「最高の品質が最善の武器だという信念を基に、引き続き努力していく」とコメントしている。
tnak51@yna.co.kr