KangNam、前マネージャーとの義理を守った…RDエンターテインメントに移籍

写真拡大 (全2枚)

歌手KangNam(カンナム) が前マネージャーとの義理を守った。

21日、RDエンターテインメント(by WIDMAY) 側は「最近歌手KangNamと専属契約を締結した。昔から一緒にやってきたマネージャーとの縁だ」と明かした。

KangNamと前マネージャーとの縁は2011年に遡る。KangNamは当時所属していたグループM.I.Bを通じて同マネージャーと一緒に仕事をし始めた。歌手としては今ほど注目されていなかったKangNamは、バラエティ番組「学校に行ってきます」「私は一人で暮らす」などに出演しながら、最もホットなスターの仲間入りを果たした。

当時のマネージャーがKangNamの真価に気づき、様々なバラエティ番組の制作陣にカンナムを推し進めて人生のターニングポイントを与えたのだ。しかしマネージャーがWIDMAYに移籍することになり、KangNamとは一緒に仕事ができなくなった。

最近、前所属事務所のジャングルエンターテインメントとの契約が満了したKangNamは自身の真価を見つけてくれたマネージャーの会社に移籍することにした。現在KangNamはSBS「ジャングルの法則」収録のため海外に滞在している。

RDエンターテインメント側は「KangNamが様々な領域で精力的な活動を続けることができるように積極的にサポートする。最近ではドラマ『モヒート』にキャスティングされ、正劇(シリアスで深みのある内容を扱ったドラマ) 演技にチャレンジする」と説明した。