ソニーは、重低音を重視した「EXTRA BASSシリーズ」より、イヤホン3種を7月15日に発売します。ラインナップは、「MDR-XB75AP」(実売予想価格7500円前後)、「MDR-XB55AP」(同4500円前後)、「MDR-XB55」(同4000円前後)の3機種。

↑「MDR-XB55AP/XB55」はブラック、グリーン、ブルー、レッド、グレイッシュホワイトの5色

 

いずれも、ドライバーユニットから鼓膜までの気密を高めつつ、ハウジング上に設けたダクトにより低域の振動板の動作を最適化する「ベースブースター」を搭載。独自開発の12mm径ドライバーと合せて、重低音のグルーヴ感をダイレクトに伝達します。

↑「MDR-XB75AP」はブラック、グリーンの2色

 

XB75APとXB55AP/XB55の違いは、ハウジングの素材。XB75APは制振性に優れた切削アルミニウムを、XB55AP/XB55は樹脂素材を採用しています。また、末尾にAPが付いているモデルはスマートフォン用のマイク付きリモコンを備えています。リモコンのマルチファンクションボタンは、Xperia専用の「SmartKeyアプリ」から好みの設定に変えることも可能。ボタンを押す回数によってどの操作を行うか自由に変更できます。

↑「MDR-XB55AP」はマイク付きリモコンを搭載

 

このほか、従来の「MDR-XB70/50」のカラーバリエーションに、トレンドカラーである「グリーン」が加わりファッション要素も高められています。

↑トレンドカラーのグリーンが新たに追加

 

流行のEDMやロックをよく聴く人に、特にオススメの重低音「EXTRA BASSシリーズ」を、ぜひ店頭で試聴してみて下さい。