今年も日本各地で開催され、盛り上がりを見せている芸術祭の数々。個性豊かなラインナップの中から現在開催中の「北アルプス国際芸術祭2017 -信濃大町 食とアートの廻廊-」をピックアップ! その土地固有の生活文化を表現する「食」と地域の魅力を再発見する「アート」をテーマにしたこの芸術祭で、北アルプス山麓の地勢と気候が生み出す豊かな食とアートを堪能して。

長野県の北西部、松本平の北に位置する大町市。北アルプスの雪解け水と澄んだ空気に恵まれているが、消滅可能性都市にリストアップされるほど、過疎高齢化が深刻化しているこの地。 『北アルプス国際芸術祭2017 -信濃大町 食とアートの廻廊-』は、『越後妻有アートトリエンナーレ』や『瀬戸内国際芸術祭』でもディレクターを務めた北川フラム氏を総合ディレクターに迎え、この地固有の生活文化を表現する“食”と、地域の魅力を再発見する“アート”の力により、北アルプス山麓の地域資源を世界へ発信することを目指して開催される。初開催となる今年のメインテーマは「水、木、土、空。」。豊かな自然の中でアートや食を満喫してみて。「ミナ ペルホネン」の皆川明氏がモチーフをデザインした公式グッズも要注目。

布施 知子 参考作品『無限折りによる枯山水』

リー・クーチェ 制作風景 写真:本郷毅史

ジェームズ・タップスコット 作品イメージ

© 2017 Japan Alps Art Festival Executive Committee.

北アルプス国際芸術祭2017 -信濃大町 食とアートの廻廊-
参加アーティスト/目、大岩オスカール、布施知子ほか
会期/〜7月30日(日) 無休
会場/長野県大町市一帯
開場時間/10:00〜17:00
料金/一般 ¥2,500、高校生 ¥1,500、小・中学生 ¥500
問い合わせ先/北アルプス国際芸術祭実行委員会 事務局 tel.0261-23-5500
http://shinano-omachi.jp/