画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●最大400mmの超望遠レンズが、このサイズ! この価格!?

室屋義秀選手の劇的な優勝も記憶に新しい「レッドブル エアレース ワールドチャンピオンシップ 千葉2017」。実は今回、本大会でシリーズを通して公式タイムキーパーを務めるウオッチブランド「ハミルトン」のご厚意により、プレスエリアから決勝戦(6月4日)の撮影を行うことができた。

会場に持ち込んだレンズは、価格と性能のバランスで人気の超望遠レンズ2本。ここでは、「SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM|Contemporary」でのレビューと作例をお届けしたい。

○最大400mmの超望遠レンズが、このサイズ! この価格!?

まずはレンズの概略から。筆者の行きつけのカメラ店で聞いた話では、このレンズ、ショップの仕入れ担当者が商品の確保に苦労するほどの人気とのこと。ちなみに、店頭実勢価格は8万円前後(2017年6月現在。筆者調べ)。春の運動会シーズンに加え、先月までシグマがキャッシュバックキャンペーンを行っていたことも、人気に拍車をかけたのだろう。

レンズ自体の仕様も魅力的。100-400mmという贅沢な焦点距離ながら、全長約260mm(最大時)、フィルター径は67mmというコンパクトさ。今回は焦点距離を稼ぐ目的もあってAPS-C機(キヤノン EOS 70D)に装着して使用したが、35mm換算で160-640mm相当とはとても思えないサイズのシステムにすることができた。三脚座は付かないが、このサイズならそもそも不要。手持ちでガンガン振り回したくなるレンズだ。筆者自身、腕力と体力に自信のあるほうでは決してないが、丸1日の撮影をこなした翌日も筋肉痛にはならなかった。

ただ、ことレッドブルエアレース千葉で使用するには、それでも焦点距離がやや不足している感も否めない。それは作例からも感じ取っていただけると思う。これについてはプレスエリアがコースの最左端にあることも関係している。

というのも、画的に映えるスタート/フィニッシュゲートやパイロンの間を縫ってハイGターン(急上昇180度ターン)といった見せ場から遠いため、エアレーサーをアップで捉えることができないからだ。むしろ一般観覧エリアからの撮影のほうが、映えるシーンをより寄った視点で狙いやすいだろう(最近の2,000万画素を超えるデジタル一眼であれば、トリミングしてしまうのも手ではあるが)。

そんな事情もあり、今回は多くの作例を400mm(640mm相当)で撮影している。望遠レンズはテレ側になるほど描写が甘くなる傾向があるので、これはできれば避けたかったのが本音だ。しかも、レッドブルエアレース千葉では、この場所ゆえの障壁が存在する。

その障壁とは、まず、6月4日千葉市の最高気温が26°だったこと。日中は日焼けするほどの強烈な日差しによって海水が蒸発し、レンズと被写体の間に空気の層ができる。そのせいで、輪郭のシャープや色のコントラストが失われてしまうのだ。そして最大の障壁は、エアレーサーの機体から噴射されるスモーク。これが、次第に空に滞留し、霞がかかったような画にしてしまうのだ。

さらに、昼過ぎまでは海側からの太陽光で逆光となり、多くの角度で機体のディテールが潰れてしまう。今年のレッドブルエアレースではご存知のようにレストアされた零戦も飛行したが、逆光の空に飛ぶ濃緑色の機体は被写体としてもかなり手強かった。

●厳しい撮影条件下でも驚きの実力

撮影後、これは散々な作例になりそうだと半ば覚悟を決めていたのだが……。実際の撮影結果を見ると、それらの影響が意外なほど抑えられていたのだ。このコンパクトさと価格からは想像できないほどに。

本レンズが属する「Contemporary」ラインは、「最新のテクノロジーを投入、高い光学性能とコンパクトネスの両立で幅広い撮影シーンに対応するハイパフォーマンスライン」と、シグマでは位置付けている。

同社の特殊低分散ガラスSLD(Special Low Dispersion)×4枚を採用し、レンズパワー配置の最適化とあわせて収差を補正。特に、望遠側で目立つ倍率色収差を重点的に補正しているという。この効果は抜群で、筆者が撮影した写真にも、色収差はまったくといっていいほど見られなかった。背景が空、しかも逆光や機体の反射光という厳しい条件が重なっているにも関わらずだ。

ちなみに、(背景が空のみの今回の撮影ではあまり関係ないが)絞り羽根は9枚の円形絞りで、解放では円形のボケを楽しめる。マウント基部が簡易ながら防塵防滴構造となっているのも嬉しいポイントだ。この画質へのこだわりと作りの良さが、本レンズのコストパフォーマンスの良さを特に際立たせているといっていいだろう。なるほど、その人気ぶりも頷ける。

●エアレーサーは速い。とんでもなく速い。

ところで、エアレーサーは速い。とんでもなく速い。テレ側で640mm相当という焦点距離も相まって相対速度の速さから、1/1000秒でシャッターを切っても止まらないほど。ファインダーの中に収めるだけでも苦労するスピードだ。それゆえ、レンズのAF速度が問われる被写体といっていい。

その点、このレンズのAFは超音波モーターHSM(Hyper Sonic Motor)を踏査しており、静かで速く、特に不満を感じなかった。「1.6-6m」「6-∞m」「Full」の3段階のフォーカスリミッターが付いているので、飛行機撮影時には確実に「6-∞m」に合わせておくことを忘れずに。

結論。SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM|Contemporaryは、とにかく「価格とサイズからは考えられない、まとまりの良い一本」という評価に尽きる。画質に関してはこれが最高とは思わないが、これ以上を望むならそれなりの予算を確保して大口径レンズを選ぶべきだろう。

レッドブルエアレース千葉ではその過酷な条件ゆえに、本レンズのパフォーマンスをフルに発揮、とはいかなかった。それでも、レンズの実力と可能性については十分に体感できた。運動会などのスポーツイベント、そして風景、ポートレート、鉄道写真などにおいても、大いに力を発揮しそうだ。

協力:ハミルトン