女優シム・ウナ、ストレス障害を発症していた…公式コメント発表(全文)

写真拡大

女優シム・ウナが健康状態を伝えた。

21日、シム・ウナは夫であり正しい政党の池尚(チ・サンウク) 議員の事務室側を通して公式コメントを発表。シム・ウナは「最近まで知らなかった過去の心的外傷後ストレス障害(PTSD) を発症しました」と明かした。

続けて「薬物治療が必要でしたが、これまでは私自身の意志と努力で子育ての中、自ら乗り越えてきました」と話した。

また「しかし最近薬を服用することになり、やむなく病院を訪れることになりました。今は大丈夫です。もうすぐ退院します。ご心配をお掛けして申し訳ございませんでした」と伝えた。

これに先立ち、シム・ウナの夫である池尚(チ・サンウク) 議員は20日午後、記者たちにメールを送り「家族の健康に異常が生じ、守らなければならない」と代表選候補から辞退する意思を明かした。これを受け、シム・ウナの健康に異常が生じたのではないかという憶測が生じた。その後、シム・ウナが睡眠薬の過剰摂取で入院したと報道され、話題を集めた。

【シム・ウナ公式コメント全文】

最近まで知らなかった過去の心的外傷後ストレス障害(PTSD) を発症しました。

薬物治療が必要でしたが、これまでは私自身の意志と努力で子育ての中でも自ら乗り越えてきました。

しかし最近薬を服用することになり、やむなく病院を訪れることになりました。今は大丈夫です。もうすぐ退院します。ご心配をお掛けして申し訳ございませんでした。

シム・ウナ