ラインナップ一例

セガはカウントダウンを公開していたプロジェクト「SEGA Forever」(セガ フォーエバー)について詳細を明かし、セガがこれまでリリースした全ハード、全ゲームのスマホ移植プロジェクトであることが明らかになった。

 

これまでセガから発売されたセガ・マスターシステムやメガドライブ、ドリームキャストなどのハードで遊べた、ほとんど全てのゲームを対象にしている本プロジェクト。

公式Twitterのプロフィール写真には歴代のハードが並ぶ

ゲームはスマホ用(ios/Android)のアプリとなり、全て無料で遊ぶことができる。

ただし、ゲーム内には広告が表示されるので、広告をオフにするなら1.99ドル(240円)を支払う必要がある。

 

各ゲームはそれぞれが独立したアプリとしてリリースされ、過去に有料アプリとして配信済みのタイトルについては、削除されるので購入済みの場合は再ダウンロードする必要がある。

 

第1弾として登場したのは、「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」「獣王記」「ファンタシースターII 還らざる時の終わりに」「カメレオンキッド」「コミックスゾーン」の5タイトル。

 

ゲームはオートセーブで、リーダーボードで世界中のユーザーとスコアを競うことができ、Bluetoothのワイヤレスコントローラーをサポートし、オフラインでプレイが可能。

 

今後は、毎月新タイトルがリリースされる予定だ。

ローンチトレーラー

なお、アメリカではサービスがスタートしているが、日本では本原稿執筆時アプリはダウンロードできない状態となっている。
Sega Foreverの公式Twitterでは日本語のつぶやきも見られるので、いずれは対応すると見られるが、日本のセガファンのためにも、早期対応が望まれる。

「SEGA Forever」

URL:http://forever.sega.com/

2017/06/22


▷こちらもおすすめ

バッテリー膨張に見舞われたApple Watch交換顛末記

 

「ビジュアルサーチ」で欲しい素材がピンポイントで見つかる!仕事効率が高まるメリット満載のAdobe Stock

 

ゼロからはじめるHTML5でのサイト制作