BIGBANGのSOL「平昌冬季五輪」の名刺が話題…“僕の生まれて初めての名刺”

写真拡大 (全2枚)

「2018 平昌(ピョンチャン) 冬季五輪」の広報大使に任命されたBIGBANGのSOLが、生まれて初めて作った名刺を公開した。

SOLは21日、自身のInstagramに「僕の生まれて初めての名刺」というコメントと共に「2018 平昌冬季オリンピック及び冬季パラリンピック大会」の広報大使になった自身の名刺を撮った写真を投稿した。

SOLは「たくさん配ります。五輪関連、連絡ください」と広報大使らしい感想を残した。続いて「平昌オリンピック」「広報大使」「広報はすばらしい」などユーモアに富んだハッシュタグで笑いを誘った。

SOLは、21日にプレスセンターで開催された任命式で組織委員長のイ・ヒボムから牌を受け取り、広報大使として公式活動に乗り出すことになった。SOLは広報大使として韓国国内外で平昌五輪の宣伝はもちろん、約10年間、BIGBANGのグループ活動とソロアルバムを通じて発揮した作詞、作曲の実力を土台に平昌五輪のための歌も作っており、期待が高まっている。

「海外公演を通じて、言葉や文化が異なっても音楽でひとつになる経験をたくさんした」というSOLは「2018年、平昌大会を通じてたくさんの人々が夢と情熱を分かち合って欲しい」と感想を明かした。