NU′EST ベクホ、突然の「セクハラ疑惑」が浮上…事務所がコメント“悪質なデマに法的に対応する”

写真拡大

NU'ESTのメンバーベクホ(カン・ドンホ) のセクハラ議論に対し、事務所がコメントを発表した。

本日(22日) 明け方、あるインターネット掲示板には「NU'ESTのベクホのセクハラ被害者だ。どうか助けてください」というタイトルの書き込みが掲載された。

作成者のAさんは、「2009年の冬、私が中学校1年生で、ベクホが中学校2年生だった時のことだ」として、「済州島(チェジュド) 済州市蓮洞(ヨンドン) にある塾の授業が終わって家へ帰るとき、塾の車の中でベクホにセクハラされた」という衝撃の主張を書き綴った。

引き続きAさんは当時の状況を詳しく説明した。「隣の席に座ったベクホが、私の制服の上から胸と太ももを触った。私の足を強制的に広げて、性器を触った」と話した。

彼女は、「当時子供心に話せば私だけおかしな人になるようで、何も言うことができなかった。恐怖心で何も言えなかった」と話した。

Aさんは遅れて暴露文を載せた理由に対して、「最近ベクホが『プロデュース101』シーズン2を通じて注目されるたびに、とても辛かった。ベクホのニュースがずっと流れて、私は再び毎日毎日苦痛の中で過ごすことになった」として、「5月にも書き込みを掲載したが、当時は証拠が充分じゃなく、多くの方に文句を言われて書き込みを削除した」と打ち明けた。

特に彼女は、「私たちの家族とベクホの家族は、私が生まれる前から親しい仲だった」として、「私の母親がベクホの母親に連絡して、ベクホの電話番号をもらった。19日夜10時22分にカカオトーク(スマートフォンのチャットアプリ) でメッセージを送った」と明らかにした。

Aさんは、ベクホとセクハラ問題でモバイルメッセンジャーでチャットし、通話をしたと主張し、チャットのキャプチャーショットと録音の動画を共に掲載した。映像の中の男性は、「今忙しい。後で電話するから」という話だけ繰り返した。現在は彼と連絡途絶の状態であることを伝えた。

これに対し、NU'ESTの所属事務所であるPledisエンターテインメントは、公式コメントを通して「当社は、インターネット上に流布された所属アーティストに対するデマ及び悪意的な人身攻撃性のある誹謗中傷などを通した拡大再生産行為などに対し、法的措置を進めている」と知らせた。