学生の窓口編集部

写真拡大 (全22枚)


こんにちは! 都内を中心にさまざまな学食を巡っている早稲田大学学食研究会です。

みなさんは言霊(ことだま)って知っていますか? これは、発した言葉が現実に影響を及ぼすという考え方です。たとえば、植物によい言葉をかけ続けると成長が早くなると聞いたことがありませんか? 科学的に証明されているものではありませんが、あれは一種の言霊の力を利用していると言われています。言霊は奈良時代の文献にその存在が記述されており、古事記や万葉集にも登場しています。日本では古くから言葉の持つ力が信じられてきたんですね。

慶應義塾大学日吉キャンパスの学食に潜入! 「グリーンズマルシェ」人気No.1はジューシーなチキン竜田【全国学食MAP】

そんな古来からの教え同様、言葉の持つ力を重んじ、≪言葉は世界をつなぐ平和の礎≫を理念としている大学が神田外語大学です。世界各国の言語を学問として扱うだけあって、神田外語大学にはたくさんの留学生がいます。なかでも、アジア系留学生たちの憩いの場となっている場所がアジアン食堂『食神(しょくじん)』。全国でも類を見ないアジア料理専門の学食とは、一体どのようなものなのでしょうか?!

キャンパス&学食の外観

神田外語大学はJR京葉線「海浜幕張駅」から徒歩15分、JR総武線・京成電鉄「幕張本郷駅」から1.バス15分2.バス8分、京成電鉄「幕張駅」から徒歩15分の場所に位置しています。幕張と言えば、日本最大級のイベントホールである幕張メッセが有名ですよね。海浜幕張駅から出発し、幕張メッセとは真反対の方向へしばらく歩くと到着です。

正門から入り、左のほうへ進むと今回お目当ての学食「食神」があります。

実はアジア料理専門の学食は、我々学食研究会の知る限り、ここ「食神」だけなんです! はたして、どのようなアジアン料理が待ち構えているのでしょうか。

学食の内観

一歩学食の中に足を踏み入れると、そこは異世界そのもの。中国、韓国、インドネシア、ベトナム、タイの各国にちなんだ装飾で雰囲気たっぷりの内装となっています。

たとえば、この屋台。各国の調理器具などが置かれていて、その国の文化を感じ取ることができます。

また、タイの名物タクシーであるトゥクトゥクが展示されていたり

テーブルもアジア各国をイメージしたものです。


ちなみに席数は約290席あり、平日は昼食時でも比較的空いています。

メニューについて

基本的にエスニックなアジアン料理が中心ですが、日本食もあります。たとえば京風うどん・そば(200円)や豚骨ラーメン(300円)、からマヨ丼(390円)など。なんといってもここ『食神』のメニューは安い! ワンコインあればメインディッシュ+サイドディッシュに加えてデザートまで付けられちゃうんです!

取材当日のデザートはマンゴープリンとタピオカココナッツミルクの2種類があり、なんとどちらも100円! この安さだとつい手が伸びてしまいます。

また「食神』はイスラム教徒のためのハラールメニューにも対応している、これまた数少ない学食です。

残念ながら我々が訪問した日は、イスラム教徒が日の出から日没まで飲食を断つ「断食月(ラマダン)」だったので、ハラールメニューの提供はありませんでした。じゃあイスラム教徒の学生は断食期間に「食神」を利用できないの?! と思うかもしれませんが、そこはしっかり配慮されていて、断食期間中の土曜日はディナー限定でイフタール料理(断食月の日没後に食べる、断食明け専用の料理)が用意されているのです。おそらくイフタール料理に対応している学食は日本で唯一ここだけではないかと思います。

神田外語大学「食神」のおすすめメニュー第1位「チキンルンダン-ナシクミンライス-(390円)」

みなさんは、チキンルンダンってどんな料理かわかりますか? Googleで検索するとチキンルンダンについての検索結果は約1650件……。後述のおすすめメニュー第3位のガイヤーンでさえ、約73,500件です。アジア料理のなかでも、日本ではあまり知られていない料理のようですね。実はこれ、マレーシアの定番料理だそうです。なになに、日本エスニック協会によると……『通常は儀式やお祭りのための料理で、ココナッツミルクとタマリンドやターメリックの葉などのスパイスで調理します』と……ええーい! わからん! とりあえず食べてみよう!

というわけで、さっそくチキンルンダンを実食です。たくさん盛られた黄金色のナシクミンライスの傍にはカラッと揚げられたチキンが盛られ、その上にカレーのようなルーがかけられています。ルーの味付けにはココナッツ系の甘みが感じられ、とてもマイルドです。辛さはほとんどないといってもいいでしょう。

大きなチキンがゴロゴロ入っているのでボリューム的に大満足です! ブロッコリーも添えられ、彩りもいいですね。未知の料理でしたが、甘口カレーのようで本当においしかったです!

神田外語大学「食神」のおすすめメニュー第2位「フォー・ガー(360円)」

日本ではお馴染みのフォー。フォーとは、麺が米粉で作られたベトナムの国民食です。フランス語のポトフ(pot-au-feu)のフー(feu)が語源とされています。さて、今回頂いたのは「フォー・ガー」。「ガー」とは聞き馴染みのない言葉ですが、鶏肉を意味するベトナム語だそう。スープは鶏ガラベースで、さらに麺に米粉が使用されているので全体的にあっさりとした味付けとなっています。パクチーやもやし、赤たまねぎなどが入っており、彩りがよく、食欲がそそられます! パクチーが苦手……という方もご安心を。食堂の方が事前にパクチーを入れるか否か聞いてくれます。また鶏肉はパリッとした皮がついていて、食感も楽しめます。+60円で大盛りに変更できるので、たくさん食べたいときにうれしいですね! ベトナム本場のフォーを味わいたい方におすすめです!

神田外語大学「食神」のおすすめメニュー第3位「ガイヤーン(420円)」

ガイヤーンとは、本場タイでは路上の屋台でよく売られているポピュラーな定番食です。ナンプラーとにんにくの風味が効いた甘辛いタレに漬け込んだ鶏のもも肉をじっくり焼き上げた、いわばタイの焼き鳥です。「食神」のガイヤーンはもも肉を使用していてジューシーかつ、鶏肉の中にまで漬けダレが染み込んでいるので、白いご飯がとてもよく進みます! ガイヤーンの他にサラダ、スープ、ライスがついたセットになるので、満足度もピカイチ。日本人の学生がおいしく頂けるのはもちろん、本場のタイから来た留学生も故郷を思い出しながら食べることができるのではないでしょうか。



神田外語大学「食神」のおすすめメニュー 番外編

今回は、タイ料理の「生春巻き(190円)」をサイドディッシュとして頂きました。

シャキシャキ野菜と海老を包んだ生春巻きに、ピリ辛のスイートチリソースが添えられています。とても辛いのにおいしすぎて一瞬でなくなっちゃいました。タイ料理専門店並みのクオリティで感動です!

また、デザートとしてマンゴープリン(100円)をセレクト! マンゴーの味がしっかりして、甘さ控えめで大満足です!

総合評価

おいしさ:★★★★★
メニューの豊富さ:★★☆☆☆
オリジナリティ:★★★★★
おしゃれさ:★★★★★
コスパのよさ:★★★★★
ボリューム:★★★☆☆

異国の地で暮らす留学生にとって、母国料理が食べられることほどうれしいことはないと思います。また留学生とともに学ぶ日本人学生も、外国料理を食べることによってその国の文化を深く理解することに繋がるでしょう。神田外語大学の学食「食神」は単に食堂としての役割だけでなく、文化や人を繋ぐ役割も果たしているのかもしれません。平日は学生のみの利用ですが、お昼は土日ともに一般に開放しており、土曜の夜はアジア各国の料理がビュッフェ形式で頂けます。みなさんもぜひ、神田外語大学「食神」でアジアの熱気を感じ取ってみてください!

文・写真:早稲田大学公認サークル 学食研究会
1999年創立の日本最古の学食研究サークル。男女問わずインカレで現在約60名のメンバーが在籍し、都内を中心に様々な大学の学食を巡っています。