「2週連続 夏はジブリ」決定『アリエッティ』『マーニー』が『金曜ロード』に登場

写真拡大

様々なジャンルの映画が登場する『金曜ロードSHOW!』(日本テレビ系、毎週金曜21:00〜)で、「2週連続 夏はジブリ」と題して『借りぐらしのアリエッティ』『思い出のマーニー』の2作品を放送することが決定。監督を務めた米林宏昌がコメントを寄せた。

7月8日(土)米林監督の最新作『メアリと魔女の花』が公開されることを記念して行われる本企画。7日(金)の『借りぐらしのアリエッティ』(2010)は床下に住む小人の少女・アリエッティのひと夏の冒険を描いたファンタジー。小さなアリエッティの大冒険、見ているだけでワクワクする作品だ。14日(金)の『思い出のマーニー』(2014)は北海道を舞台にしたファンタジーで、自分はひとりぼっちだと心を閉ざしていた少女・杏奈は、喘息の静養のために訪れた村で不思議な少女・マーニーと出会う。高月彩良と高畑充希が声優を務めたことでも話題を集めた感動作だ。

『借りぐらしのアリエッティ』について、米林監督は「巨人たちが住む床下で、必要なものを“借り”ながら生活している小人たちに自分たちを重ねながら作った作品です。天才・宮駿監督の脚本をどうやって映像化するかずいぶん悩みましたが、たくさんの優秀なスタッフの力が足し算されて、素敵な小人の世界が描けました」と振り返り、「人間の男の子・翔を演じてくれた神木隆之介さんとは『メアリと魔女の花』で7年ぶりに一緒に仕事をしました。改めて彼の能力の高さを知った収録でした」と新作でのエピソードを明かしつつ、神木を絶賛した。

また、『思い出のマーニー』については「制作中にスタジオジブリ制作部の解散が伝えられました。ジブリで学んだ全てを込めようとするスタッフたちの意気込みはすごかったです」と回顧。「この作品は静かですが、とても情熱的。僕も思い入れの深い作品です。作中で東京から来た少女・彩香役で出演した杉咲花さんは、『メアリと魔女の花』で主役のメアリを演じてくださいました。彼女の個性ある声は不思議と観た人の心をつかみます」と紹介した。

そして、「両作品、そして新作『メアリと魔女の花』も主人公が新しい一歩を踏み出す作品です。題材は違っても、作品が観た人の力になれたら……という思いは変わりません」とアピールしていた。