おぐらりゅうじ(右)=1980年生まれ。編集者。速水健朗(左)=1973年生まれ。ライター。 ©山元茂樹/文藝春秋

“電話するorしない問題”はどちらが正解?

おぐら 堀江貴文氏が、東洋経済オンラインのインタビューで「電話してくる人とは仕事するな」と発言した記事が話題になってます。
http://toyokeizai.net/articles/-/174408

速水 メールでのやり取りが当たり前の時代なのに、電話をするなんて論外! という強い主張に、ちょっと言い過ぎという反応もあるんだけど、そうだよねという共感の方が優勢な感じかな。

おぐら 「電話でしかやりとりできないような人は、僕の時間を無駄に奪う“害悪”だ」と。速水さんも一切電話出ないですよね。

速水 出ない。これは、ホリエモンに完全同意。別に威張るわけじゃないけど、いつでも捕まることが前提になっているのが嫌。もう電話なんて生々しいメディアに、リアルタイムでリアクションなんてできないんだよ。

おぐら その生々しさとリアルタイム感が、安心を与えたりはするんですけどね。でも今の時代、面倒なことのほうが多いか。

速水 メールは非同期式なので相手の時間を奪わないけど、電話は同期型メディアで相手の時間を奪うということ。

おぐら 時間を寸断しますからね。それと、日程とか時間の約束とか、記録として残すべき用件を電話で伝えてくる人には、さすがにメールで送ってくれって思います。


©山元茂樹/文藝春秋

速水 いまどき就活でも若者が電話に出ないとか、新入社員が電話する前にメールで「電話していいですか?」と確認するとか、電話を巡っての論争はあるけど、こればかりはホリエモンと若者側につかざるを得ない。(http://style.nikkei.com/article/DGXMZO13579300S7A300C1000000)

おぐら それと、若者は長電話しないみたいですよ。長時間のコミュニケーションは、完全にLINEやメール、SNSが代替しています。

速水 ちなみに、おぐら君は電話する派?

おぐら 僕はしますね。それこそ、編集者はいつでも捕まるようにしておくことも大事ですし。ただ、電話で原稿の催促をしても、だいたい出てくれません。

速水 そりゃそうだよ。集中して書いてる最中に電話に出たりなんかしたら、原稿に戻るのに1時間はかかる。かえって遅くなるね。

おぐら そんな……。待ってる側からすると、一言「今やってます」って言ってくれればいいだけなのに……。なんの応答もないと不安なんですよ。


©山元茂樹/文藝春秋

速水 取材のオファーとかは、さすがにメールでしょ?

おぐら 詳細はメールで送りますが、最初に電話もしますよ。「来週から出張で東京にいません」とか、概要を説明する前に一瞬でダメになる場合とかありますし。ちなみに、芸能事務所はいまだに「企画書はFAXで送ってください」って言うところ多いです。っていうか、ほとんどそうかも。

外国人に笑われる日本の“FAX文化”

速水 FAXなんて、家にも一応あるけど、5年以上使ってないんじゃないかな。紙とか出してこないといけないし。

おぐら おそらく、担当者やマネージャーが複数いたりするので、個人宛のメールより会社宛にFAXで届いたほうが都合いいんだと思います。

速水 総務省の情報通信白書によると、FAX保有率のピークは2009年末で57.1%。その後、さすがに減るけど2014年で41.8%あるので、激減というほどではない。


日本ではまだ使用されているFAX ©iStock.com

おぐら 森友学園問題のときは、総理夫人付政府職員が送ったFAXが話題になりました。

速水 それを報道した『ニューヨークタイムズ』は、日本ではまだFAXが有効なコミュニケーション手段だって扱いで取り上げていた。完全にレガシーメディア扱いで笑ってしまったけど。

おぐら 「文書」が話題になっている加計学園問題でも、例の文科省メモがどのような経緯でつくられているのかを検証したまとめサイトがありますよ。
https://togetter.com/li/1116601

速水 やっぱりFAXが間に入っていたと指摘されている。日本社会にとってFAXは重要なのかな。メールだったら、サーバにデータとか残ってもっとシンプルなのに。

おぐら そういえば、出店料詐取として5人が逮捕されて話題になった「グルメンピック」事件でも、テレビが追いかけ回していた元ホームレスで大東物産社長の中井冬樹容疑者は、資料をシュレッダー処分したことが問題になってました。


出店料詐欺容疑で逮捕  「グルメンピック」の開催をうたうホームページ ©共同通信社

速水 そっか、紙だと証拠隠滅ができるのか。

おぐら 起業した友人に聞いた話では、実際は使わなくても、オフィスにシュレッダーを常備しておくことが大事だと。もし監査とかが入ったときに信用性の担保になるって。うちの会社はちゃんと機密文書を破棄していますよっていうアピール。

速水 へー。すごくいい話。オフィス機器四天王の中でも最強の存在だ。超電磁ジャミング機能搭載型シュレッダーで200%完全復元不可能! みたいな(笑)。

おぐら 漫画やイラストなんかで「これやっといて」と、上司が部下に大量の仕事を振るときの描写って、いまだに紙の束をドサッと机の上に置くじゃないですか。あんな前時代的な光景、役所とかではまだあるんでしょうか。


上司が部下に大量の仕事を振るときの描写 ©PIXTA

速水 さすがにないでしょ(笑)。いや、でもわかんないな。なんでも文書にしたがる、魂は紙に宿っている!と信じてる人は一定数いるからね。

おぐら 芸人の事務所から届くお笑いライブのお知らせとか、PR会社から届く記者会見の概要とかも、いまだにFAXが多い。プレスリリースなんて横文字使ってるのにそこは紙なんだ、って。

速水 普通にメールのほうが読まれそうなのに。FAXがない会社だってあるでしょ。

おぐら おそらく、事務所にある複合機にいろんな媒体のFAX番号が登録されていて、一斉送信なんだと思います。それをメールアドレスに切り替えるほうが面倒くさいというか、誰もやる人がいない。

速水 最近知り合ったアメリカ人とFAXの話をしたら、20年くらい見てないって笑われたんだけど、彼女によると日本人は、温もり好きだからFAX使っているとしか思えないって。

おぐら たしかに、印刷された紙って温かいですね。熱転写式FAXとかもありました。

アナログ回帰の背景に“身体性”――熱転写式でアツアツの原稿を!

速水 ほら、アナログレコードとカセットテープが、ちょっと前までなら懐古ブームで片付けられていたのに、いまは安定的な定着モードに移ってきているでしょ。あらゆるデータがスマホ上でコントロールできるようになって以降の、新しい流れだと思うんだよ。

おぐら テクノロジーによってはぎ取られてしまった身体性を見直す動きですか。そういえば、速水さんも古いクルマに買い換えたって。


©山元茂樹/文藝春秋

速水 最近ね、24歳のクルマ好きの男の子とバーで知り合ったの。彼は、マークIIとか180Sとかちょっと古い90年代くらいのクルマのマニアでさ、自分が省エネターボのヨーロッパ車とかに乗っているのが照れくさくなってきた。

おぐら で、国産車にしたんですか?

速水 うん。いやね、旧車ブームもかなりいくところまでいってて、80年代、90年代のビンテージといえない時代のクルマがヤングタイマーって呼ばれて高騰しているんだよ。俺の新車もそんな感じのやつ。オーディオはカセットテープね。

おぐら 電話はレガシーメディアとか言いながら、車とオーディオはアナログ回帰してるじゃないですか。

速水 旧車に手を出しておくならいまがラストチャンスかなって思いもあるんだよね。自動運転が当たり前になって、ガソリン車がレガシーになっていく前にと思って。


カセットテープ式の車 ©iStock.com

おぐら 電話に出ないのはいいとして、いっそ原稿もアナログ回帰で、手書きにしたらどうですか? 締め切り守れるようになるかもしれないですよ。

速水 それいい! 手書きって、超身体的なフィードバックがあるメディアだ。

おぐら 僕がこれまで受け取ったことのある手書きの原稿は、みうらじゅんさん、泉麻人さん、坪内祐三さんですかね。


©山元茂樹/文藝春秋

速水 しかも、その手書き原稿を超レガシーツールのFAXで送ってみちゃったりして。やばい楽しそう!

おぐら オールドタイマーのビンテージFAXで。今なら憧れの名機も中古で安く買えるかも。

速水 そういうマニアいそうだよね。日本電信電話公社時代のファクシミリをキープしてます、みたいな。パスタマシンみたいな感じでリビングにあると格好いいな。

おぐら メールのない時代は、リアルタイムの文通としてFAXを送り合ってたっていう話も聞きますし、この対談もFAXでやりとりしますか?

速水 熱転写式でアツアツの原稿だ! さっそくヤフオクでビンテージFAX探してみよう!

はやみずけんろう/1973年生まれ。ライター。TOKYO FM『速水健朗のクロノス・フライデー』(毎週金曜日朝6:00〜9:00)、同局『TIME LINE』(第1・3・5火曜日19:00〜19:54)、フジテレビ・ホウドウキョク『あしたのコンパス』、日本テレビ『シューイチ』などに出演中。近著に『東京β』(筑摩書房)、『東京どこに住む? 住所格差と人生格差』(朝日新書)などがある。

おぐらりゅうじ/1980年生まれ。埼玉県出身。フリーの編集者として雑誌『テレビブロス』ほか、書籍や演劇・映画のパンフレット等を手がけている。企画監修を務めた、テレビ東京の番組『ゴッドタン』の放送10周年記念本『「ゴッドタン」完全読本』が発売中。