いとうあさこ、山寺宏一、宮野真守、福山潤、『怪盗グルーのミニオン大脱走』吹替版追加キャストに

写真拡大

 『怪盗グルーのミニオン大脱走』の日本語吹替版追加キャストとして、山寺宏一や宮野真守らの参加が発表された。

参考:なぜファレルは『ミニオンズ』に参加しなかったのか? 同作プロデューサーにインタビュー

 本作は、イルミネーション・エンターテインメントが贈る『怪盗グルー』シリーズ最新作。グルーも知らなかった家族の秘密や、グルーにとっての最強のライバル怪盗との戦い、ミニオンたちのボス探しの旅などを描き出す。日本語吹替版には、過去作に続き、グルー役の笑福亭鶴瓶、アグネス役の芦田愛菜、ルーシー役の中島美嘉、新たな敵バルタザール・ブラット役の松山ケンイチの参加が発表されていた。

 このたび吹替版キャストとして新たに発表されたのは、いとうあさこ、山寺宏一、宮野真守、福山潤の4人。ハリウッド映画の声優初挑戦となるいとうは、グルーとルーシーが所属する反悪党同盟の新たなリーダーとなる女性ヴァレリー役、山寺は、グルーの双子の兄弟ドルーの執事フリッツ役、宮野は、松山演じるバルタザールの相棒ロボットのクライヴ役、福山は、マーゴと恋に落ちる少年ニコ役をそれぞれ演じる。4人からはコメントが寄せられている。

■いとうあさこ(ヴァレリー役)コメント私のような悪声をご指名いただき、興奮と喜びととまどいで軽くパニックになりました(笑)。私が演じたヴァレリーは、グルーの人生をゆさぶる役です。イイ女、できる女感を大事にしました(笑)今回もミニオンたちがかわいいのはもちろんのこと、いろんな形で家族を思える作品だと思います。みんなで観るもよし、1人で観るもよしよし。みなさん是非劇場で楽しんでもらえたらと思います!

■山寺宏一(フリッツ役)コメント「月泥棒」のベクター役からずっと参加させて頂いていますが、本当に魅力満載の「怪盗グルー」シリーズ!グルーを始めとする個性的なキャラクター達、テンポの良さ、秀逸なギャグ、ホロッとさせる三姉妹、言わずもがなのミニオンズ!新作ではグルーの双子の兄弟ドルーが登場するとの事!個人的にはグルーとドルーの掛け合いが楽しみで仕方ありません!

■宮野真守(クライヴ役)コメント『怪盗グルー』シリーズの魅力は、やはり個性あふれるキャラクターたちだと思います。今回もドルーやバルタザールなど、一癖も二癖もあるキャラクターが登場し、僕も爆笑しながら収録させていただきました(笑)。そんな中、今回僕は、松山ケンイチさん演じるバルタザールの相棒、ロボットの「クライヴ」を演じさせていただいています。おそらく、初めて「箱型ロボット」の声を担当したのではないでしょうか(笑)。どんな仕上がりになっているか、どうぞ、お楽しみに!

■福山潤(ニコ役)コメント『怪盗グルーのミニオン大脱走』で「ニコ」を演じました福山潤です。長く愛されるこのシリーズに参加させていただきましてとても光栄です。私が演じました「ニコ」は見た目は太ましく個性的で、大変ユニークかつ愛らしい人物です。今作を楽しみにして下さっています皆様にも楽しんでいただけますと幸いです。

(リアルサウンド編集部)