21日、韓国・聯合ニュースによると、日本の文部科学省は同日、20年度から実施される小中学校の新学習指導要領の解説書を公表した。写真は北京で開催された竹島写真展。

写真拡大

2017年6月21日、韓国・聯合ニュースによると、日本の文部科学省は同日、20年度から実施される小中学校の新学習指導要領の解説書を公表した。小中学校の新指導要領で島根県の竹島(韓国名・独島)、沖縄県の尖閣諸島(中国名・釣魚島)を「わが国固有の領土」と明記したことを踏まえ、竹島が「韓国に不法占拠されている」と指摘した。環球時報(電子版)が伝えた。

日本メディアによると、解説書では、韓国による竹島の不法占拠について、日本政府が一貫して抗議していると指摘。聯合ニュースは「安倍晋三首相の軍国主義は歴史的事実をわい曲し、教育分野まではびこっている」と強く批判している。

解説書はまた、自衛隊が「わが国の平和と安全を守ることを任務とする」ことを扱うよう記載。災害対応への自衛隊の参加を学ぶよう定めたことに対応している。(翻訳・編集/大宮)