すごいことになりそうや…
 - (C)NTV

写真拡大

 宮藤官九郎脚本のドラマ「ゆとりですがなにか」(日本テレビ系)で「それって強制スか?」「道わかんないんで駅からタクっちゃいました」などの名言で話題になった“ゆとりモンスター”こと山岸ひろむ(太賀)を主人公にしたスピンオフドラマ「山岸ですがなにか」が製作されていることが明らかになった。同作は全4話のドラマとしてHuluで配信される予定で、宮藤がインターネットドラマの脚本を手がけるのは今作が初めてとなる。

 「ゆとりですがなにか」は2016年4月期に放送されて若者世代を中心に多くの支持を集め、ギャラクシー賞、東京ドラマアウォードなど数々のドラマ賞を受賞した社会派コメディードラマ。本家の方は岡田将生、松坂桃李、柳楽優弥の3人演じる「ゆとり第一世代」が中心となっていたが、「真正ゆとり世代」を象徴する超絶マイペースな山岸も視聴者に強烈なインパクトを残していた。

 「山岸ですがなにか」では、会社を辞めた先輩・正和(岡田)の仕事を引き継ぎ、エリアマネージャーと居酒屋「鳥の民」の店長を兼ねる多忙な日々を、相変わらずのマイペースさでのびのびと過ごしている山岸が主人公。ある日、ドラマ「ゆとりですがなにか」の脚本づくりのための取材にゆとり代表としてテレビ局に呼ばれた山岸は、ほかの参加者の発言を聞いて「そのエピ(エピソード)、甘くね?」と鼻で笑い、「会社相手に訴訟起こしたことあります?」と“山岸劇場”を披露する。彼の発言に興味津々のスタッフたちはAP(アシスタントプロデューサー)の須藤冬美(佐津川愛美)を山岸のもとへ送り込み密着取材をスタート。「自分の企画でドラマを作りたい!」と燃える冬美はネタ探しのために山岸と付き合うことになり……。

 引き続き山岸役を担当する俳優の太賀は、「こんな展開になるなんて想像もしてませんでした……。山岸、まさかの主人公です」とコメント。そして「まさかのロマンチックラブストーリーです」と内容について触れ、「本編で見せられなかった山岸の生態、こだわり、歌唱力。どうか山岸という不器用で愛すべき男を感じていただきたい」とメッセージを送っている。

 また、「久々にコント作家のような気分で(脚本を)全編スタバで書きました」と明かす宮藤は、「演じようによっては完全な悪役にもなりうるキャラを最終的に愛すべきバカ人間に昇華させた太賀くん、その山岸に対し一歩も引かない、これまたバカ女AP須藤を演じてくださった佐津川愛美さん。ありがとうございます!」と感謝の言葉をキャスト陣に送っている。(編集部・海江田宗)

Huluオリジナル連続ドラマ「山岸ですがなにか」は7月2日放送の「ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編」(日本テレビ系)終了後にHuluで配信開始