20日、韓国のインターネット掲示板にこのほど、「外国人観光客が見たソウル」と題するスレッドが立ち、注目を集めている。写真はソウル。

写真拡大

2017年6月20日、韓国のインターネット掲示板にこのほど、「外国人観光客が見たソウル」と題するスレッドが立ち、注目を集めている。

スレッドを立てたユーザーは、ソウルを初めて訪れた外国人観光客らに密着した韓国のテレビ番組の内容を紹介している。外国人観光客らはソウルの印象について「現代的で整った印象」「宿泊したホテルの前に昔の王宮があった。こういう不調和な部分が気に入った」などと述べている。

スレッド主は李朝時代の正宮「景福宮」の周りに高層ビルが立ち並ぶ様子や、昔ながらの大衆食堂と洗練された雰囲気のカフェが共存するソウルの風景が写った写真も掲載し、「韓国は過去と現在が共存する国だ」とつづっている。

このスレッドを見た他のネットユーザーからは「そんな風に見えるなんて意外」「このような風景を異国的と感じるのか?とても不思議」など驚きの声が寄せられている。

そのほか「ソウルにある王宮は本当に良い雰囲気を醸し出している」「江南駅や光化門を歩くとわくわくする!ソウルはかっこよくてまさに僕のスタイル」「ソウルの高層ビルの1つでいいから私のものにならないかな?」「やっぱり韓国が好き」などソウルへの愛情が感じられるコメントがある一方、「私はその不調和が嫌い」との意見や、「韓国に伝統は残っていないよ。日本植民地時代の影響だけでなく、朝鮮時代のほとんどが藁葺きの家だったから保存が難しい」と指摘するコメントもみられた。

そのほか「欧州の方が今と昔が共存している感じだけど…」「文化が違うから見方も違う。だから新鮮に感じるみたい」「欧州の人たちが景観や伝統を無視してむやみやたらに新しい建物を建てる韓国を不思議に思うのは当然」「私はニューヨークのセントラルパークに行った時に不調和だと感じた。同じ感覚だろう」などと主張するユーザーもいた。(翻訳・編集/堂本)