Photo by cinemacafe.net

写真拡大

2015年10月期に放送された、綾野剛が連続ドラマ単独初主演を務めたヒューマン医療ドラマ「コウノドリ」。この度、大好評のうちに終了した本作の続編となる新シリーズが、今年10月期の金曜ドラマ枠にて放送されることが決定した。
原作は、「モーニング」(講談社)にて現在連載中の鈴ノ木ユウが描く同名のヒューマン医療漫画。1児の父である鈴ノ木が、わが子の出産を通して知った「命」の現場――。産婦人科医が主人公の作品は男性誌では異色だが、決して大げさではないリアルな産科医療の現場を描いているヒット作だ。ドラマでは、「出産」に関する医療従事者と患者のあたたかい人間ドラマをベースに、「妊娠」「出産」で生まれる人と人との結びつき、夫婦、そして親子のあり方、「命」が誕生するまで、誕生した後の葛藤、倫理、医療関係者と患者の関係など、命が誕生する「奇跡」がテーマとして描かれた。

前作放送終了後には、続編を望む多くの声が寄せられたが、このほど新シリーズの制作が決定。今作で新たに掲げるテーマは、「生まれること、そして生きること」。綾野さんが、あるときは冷静な判断力と患者に寄り添うことをポリシーとする産婦人科医、またあるときは情熱的で謎多き天才ピアニスト「BABY」という 2つの顔を持つミステリアスな主人公・鴻鳥サクラの2年後の姿を演じる。また、前回と同様、原作のエピソードをベースにオリジナルに取材した題材を加え、「生まれてきたことの意味」「命を授かる奇跡」を丁寧に描きながら、生まれてくる赤ちゃんとその家族の出産後の未来、それに取り組む医療者たちの「未来」を見据えたエピソードを展開していく。

今回の続編決定に綾野さんは、「前作が終わって3〜4か月たった頃にはお話を頂き、1年以上前から決まっていたので、ずっと僕の中で 『コウノドリ』は生き続けたままいままで来ています」と実は前から続編制作が決定していたと明かし、「またその“命”に関わる作品に、それを超えていろんな方々と関われる作品に、そしてまた『コウノドリ』という作品が愛されたのだと思うと感謝しかありません」 とコメント。また前作ではたびたびピアノを弾くシーンが登場していたが、「この前久々に家でピアノを弾いたのですが、全然弾けませんでした。やはり忘れていて、もう一度ゼロからやり直そうと思っています!」と再び特訓をするようだ。

そして、綾野さんのほかにも個性的なキャラクターたちが登場する本作。続編でも産婦人科医・下屋加江役の松岡茉優、助産師・小松留美子役の吉田羊、新生児科の医師・白川領役の坂口健太郎、サクラと同期の四宮春樹役の星野源、新生児科の部長・今橋貴之役の大森南朋ら、ペルソナ総合医療センターで働く豪華オリジナルメンバーが出演! ほかにも、清野菜名、浅野和之、江口のりこらが前作と同じキャラクターを演じる。

また、原作者の鈴ノ木氏も「まさかの2回目のドラマ化! こんなにうれしいことはありません!!」と続編決定を喜んでおり、「多くの人に支えられて作られるドラマ『コウノドリ』、今回も楽しみにしていますので、どうかよろしくお願いします!」と放送を心待ちにしていると語った。さらに、続編に大きなプレッシャーを感じていると話すプロデューサー・峠田浩は、「前回と同じことをしていては視聴者のみなさんに満足していただけないと思っています。続編について綾野さんと話したときも、原作同様に取材に基づいた医療現場のリアリティーをさらに追求しながらも、これまで以上にドラマとしてのエンターテインメント性をしっかり意識していこうと再確認しました。2年を経て、前回より出演者陣も制作陣も様々な面で、パワーアップしていると思います。さらに新メンバーも増えます」とコメントしている。

「コウノドリ」は10月より毎週金曜日TBSにて放送予定。

(cinemacafe.net)

■関連記事:
ピアニスト・清塚信也、「コウノドリ」での綾野剛の完璧主義を明かす!
綾野剛、「コウノドリ」で盟友・小栗旬と共演に感激!「こんな日が来るんだな」
綾野剛、産科医&天才ピアニストで連ドラ単独初主演!「コウノドリ」
川栄李奈、高橋一生につきまとうゴスロリストーカーに! 『嘘を愛する女』新キャスト
永野芽郁、第98作目の朝ドラヒロインに! 北川悦吏子脚本「半分、青い。」