キム・カーダシアン(Kim Kardashian) courtesy of Kim kardashian via Instagram

2016年3月、キム・カーダシアンがインスタグラムにアップした衝撃のオールヌード写真。撮影の真意を初めて告白!

今週初めトーク番組に出演、バスルームの鏡越しに撮ったヌード写真について語ったキム・カーダシアン。 「実はあの写真の私は妊娠していたの」「妊娠していることがわかったばかりだった」と衝撃的な告白! お腹にいたのは現在1歳半の長男セイント。当時の彼女はブロンドに髪を染めていたけれど「妊娠したから髪も元に戻さなくてはいけなかったし、『これは体型が変わってしまう前に撮る、最後の素敵な写真になるわ』と思った。だから撮ったのよ」。

この写真をSNSにアップした後、クロエ・グレース・モレッツが「若い女の子に悪い影響を与える」と批判、それに対してエミリー・ラタコウスキーが「自分の体をどう見せるかの権利は自分にある」と反論、女性の権利を巡っての大論争になったことを覚えている人も多いはず。

でも本人の頭には、女性の権利問題はなかったみたい。体型が変わる前の記念撮影、というよりも第1子のノース・ウェスト出産後のダイエットが終了、ようやく手に入れたスリムな体を残しておきたいと思って撮った可能性が大! それがあんな大論争になるとは……それを聞いてクロエがどう思っているのか、改めて聞いてみたい。

text : Yoko Nagasaka