深刻な人材不足。いつの頃からか、「介護業界」はこう形容されるようになった。人手が足りないから、ひとりあたりの労働条件も厳しいものになる。すると、ますますが人が集まらなくなってしまう。高齢化が進む日本において、介護の手は必要不可欠なもの。しかし、これでは堂々巡り。そこで立ち上がったのが、介護付きホームの運営を手掛ける株式会社アズパートナーズだ。介護業界を変えるべく、同社が手に取ったのがIoTの力。業界初のIoTシステムである「EGAO link」を開発し、画期的ともいえる方法で労働環境の改善に取り組んでいる。

高齢者の状態をを24時間体制で把握する

「EGAO link」は、施設に入居している高齢者の様子を“24時間体制”でモニタリングできるようにしたIoTシステムだ。モニタリングといっても、PCの前に張り付いている必要はない。何かがあったときには、スタッフが持つスマホに通知が届くようになっている。

「ご入居者一人ひとりのお部屋に入らなくても、スマホを使って状態のチェックができるんです。ぐっすり眠っているのか、横になっているけれど覚醒しているのか、あるいはベッドから起き上がっているのか。それらの様子がひと目でわかります。ナースコールを受け取る前にスタッフが能動的に動けるようになったので、結果的にご入居者から呼び出される回数が減りました」(株式会社アズパートナーズ広報担当者、以下同)

入居者の状況はスマホに通知がくるため、作業中も確認できる

 

また、介護業務において大きなウエイトを占める“記録”の自動化にも成功した。

「ご入居者になにかあった場合、一つひとつ手書きで記録する必要があったのですが、『EGAO link』を導入すればその必要はありません。いつナースコールを受けたのかがシステム上に記録されていくため、業務の効率化が図れています。詳細をスマホから入力することも可能なので、現場スタッフが紙と格闘する時間は大幅に短縮できました」

スマホでの記入画面

既に導入している「アズハイム町田」での実績によると、1日あたり約17時間の労働時間(スタッフ2人分)の削減につながっているという(1日8時間勤務するスタッフが11人いると仮定した場合)。導入前はナースコールの1日平均が90回だったのに対し、導入後は25回までに減少。さらに介護記録の記入や報告書の作成に8時間かけていたところ、1時間程度まで削減できたというから、その効果には目を見張るものがある。

4つのシステムを巧みに“リンク”させた

このように介護業界に一筋の光をもたらした「EGAO link」は、4つのシステムを連携させたIoTだ。入居者の状態が確認できるセンサー、ナースコール、コール内容の自動記録、スマートフォンへの通知。これらをうまくリンクさせることで、これまでになかった画期的なシステム構築を叶えたのである。

「データの自動記録に採用したのは“富士データシステム”の記録ソフトです。カスタマイズ性が高く、弊社の報告書をシステム上で再現できることが決め手でした。ナースコールは“アイホン”のもの。センサーはアイホンと連携している“パラマウントベッド”のものを使用していて、睡眠・覚醒・離床・呼吸状態を詳しくモニタリングできるようになっています。それらをリンクさせて、最終的にスマートフォンに飛ばせるよう“住友電設”のネットワークシステムを採用しました。これらが『EGAO link』を構築する4つの要素です」

最終的にこの4つのシステムにたどり着くまでには、1年3カ月と想像以上の月日を要した。IoTシステムの導入自体が初めてだったため、社内での調整に苦労したという。

改良を重ねて生まれた「EGAO link」

「最初は社内でも反対意見が大多数だったんです。このシステムがどれだけのパフォーマンスを出せるのか懐疑的な目ばかりでしたし、そもそも60代のスタッフに使いこなせるのかという声もあがりました。最終的には既存のシステムを弊社の仕様に合わせてカスタマイズしていく作業もあったので、だいぶ骨が折れましたね。ですが、結果的に非常にシンプルなシステムができあがったため、誰もが使いこなせるものになりました」

データに基づく報告で、家族にも笑顔が訪れる

そうして生まれた「EGAO link」。その効果のほどは前述の通り、現場でもうれしい悲鳴があがっているという。

「やはり目立っているのは、記録の手間が省けたという意見です。場合によっては何枚もの報告書に記載しなければいけないようなことも、このシステムを導入したことによって楽になった。それによってスタッフに余裕が生まれ、各々にやりたいと思っていたことに挑戦できるようになったと、みんなこれまで以上に意欲を持って働けているようです。また、これまでは入居者の様子を文字の記録をもとにご家族に説明していましたが、いまはデータでお見せすることができるようになりました。夜中に何回起きているのかも一目瞭然になったことで、ご家族の方が状況を正確に理解できるようになり、それが安心にもつながっているようです」

入居者はもちろん、その家族や現場スタッフにも笑顔が生まれた。文字通り、“笑顔のリンク”がもたらされているのだ。

 

「この業界は常に“離職率”がフォーカスされています。それを減らすには、みんなが笑顔でケアできる環境を作ることがカギだと思うんです。笑顔が増えれば離職率も下がる、離職率が下がれば採用コストも低くなり、ひいては現場スタッフの給与アップにつながります。それは弊社に限ったことだけではなく、業界全体がそうなればいいなと。弊社がモデルケースとなり、同様のシステムを導入する他社さんが増えればうれしいことです。『EGAO link』で、私たちは業界に一石を投じたいと考えていますから」

介護業界に変革をもたらすことが期待される「EGAO link」。画期的なこのシステムが業界全体に広まれば、利用者、その家族、そして現場スタッフと、関わる人間が全員笑顔になれるのではないだろうか。

筆者:Dai Igarashi (Seidansha)