職場の近くに住むのは、いろんな意味で効率がいいはず

写真拡大

通勤ラッシュの緩和を目指し、東京都と鉄道各社が取り組む「時差ビズ」。

『週刊プレイボーイ』の対談コラム「帰ってきた! なんかヘンだよね」で、“ホリエモン”こと堀江貴文氏と元「2ちゃんねる」管理人のひろゆき氏が、満員電車に耐える日本人の「働き方」について議論する!

* * *

ひろ 西武鉄道と東京メトロが今年3月下旬から平日の早朝や帰宅時間帯に区間限定の有料座席指定列車を運行させたり、京浜急行が5月から着席保証列車を通勤時間帯に走らせたりして話題になってますね。

ホリ 俺、昔から毎朝多くの人が満員電車で通勤してるのが、不思議でしょうがないんだよ。みんなマゾなのかね。

ひろ 満員電車に乗るのって、めちゃめちゃ疲れますし、すごいストレスですよね。それを片道1時間も耐えるって相当なガッツです。

ホリ 満員電車が当たり前と考えている人は、思考停止になってると思うよ。

ひろ 確かに「選択肢がない」と思い込んでいる人は多いでしょうね。満員電車に往復2時間も揺られるなら、多少給料が下がってもいいから、もっと余裕がある生活をしたいと思う人が増えてもいい気がするんですけどね。

ホリ 例えば、“職住近接”っていう考え方があるじゃん。職場の近くに住むのは、いろんな意味で効率がいいと思うんだけど。

ひろ まあ、都心に近づくと家賃は高くなりますけど、その分、部屋を狭くして家賃を抑えればカバーできますから。ひとり暮らしで寝るだけだったら、大した広さはいらないですよね。

ホリ そうそう。なんで職住近接をしないんだろ?

ひろ 「自分にとって何が大事なのか」をきちんと考えないで、時間を浪費している人が多いからじゃないですか。僕の場合は自由な時間が一番大事なので、ムダに時間を取られるものはなるべく排除してたりします。

ホリ 例えば?

ひろ 僕、以前は新宿に住んでいたんですよ。すると、飲み会とか打ち合わせの場所を決めるときに「新宿でお願いします」といえばたいてい納得してもらえるんです。でも、赤羽とかだとそうはいかない。んで、新宿なら終電時間を過ぎても徒歩で帰れるので、タクシー代が浮いたりとかもする。

ホリ なるほどね。

ひろ 家賃が安いからという理由で郊外に住んでいる人がいますけど、例えば終電を逃して家に帰るタクシー代を月に1万円以上使うんだったら、多少高くても都心に住んだほうが得じゃんって思うんですよ。

ホリ 始発まで時間を潰す人もいるけど、あれもムダだね。

ひろ それに通勤に往復2時間かかるということは、時給換算すると給料が20%低くなるのと一緒ですからね。

ホリ 不思議だよね、ほんと。

★後編⇒ホリエモン×ひろゆきがまだまだ問題あり!と指摘する在宅勤務 「リモートは社員にとってもキツい部分がある」

(構成/杉原光徳 加藤純平 イラスト/西アズナブル)

●堀江貴文(ほりえ・たかふみ)

1972年10月29日生まれ、福岡県出身。旧ライブドア社長。SNS株式会社オーナー兼従業員。『やっぱりヘンだよね』(集英社)が好評発売中

●西村博之(にしむら・ひろゆき)

1976年11月16日生まれ、神奈川県出身。元『2ちゃんねる』管理人。近著は『ソーシャルメディア絶対安全マニュアル』(インプレスジャパン)