続編が10月に放送スタート!
 - (C)TBS

写真拡大

 2015年に放送された綾野剛主演のテレビドラマ「コウノドリ」(TBS系)の続編となる新シリーズが、今年10月から放送されることが明らかになった。真摯に命と向き合う産婦人科医・鴻鳥サクラの前作から2年が経過した姿を再び綾野が演じ、松岡茉優、吉田羊、坂口健太郎、大森南朋、そして昨年のドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」を大ヒットに導き、アーティスト業のみならず俳優としての活躍の幅も広げている星野源といった前作出演者たちが再集結する。

 「モーニング」(講談社)で連載中の鈴ノ木ユウによる同名人気漫画を下敷きにした本作は、出産に関する医療従事者と患者のあたたかい人間ドラマをベースに、妊娠・出産で生まれる人と人との結びつき、夫婦や親子のあり方、命の誕生前・誕生後の葛藤、倫理、医療関係者と患者の関係など「命」が誕生する奇跡を描いた医療ドラマ。

 前シリーズでは連続ドラマ単独初主演ということも話題になった綾野が、ある時は冷静な判断力と患者に寄り添うことをポリシーとする産婦人科医、またある時は情熱的で謎多き天才ピアニストBABYという顔を持つミステリアスな主人公として戻ってくる。

 続編の製作決定について綾野は「前作が終わって3〜4か月たった頃には(続編の)お話をいただいた」と明かし、「1年以上前から決まっていたので、ずっと僕の中で『コウノドリ』は生き続けたまま」だという。ただ、前作で猛特訓したピアノは「この前久々に家で弾いたのですが、全然弾けませんでした」と話し、「もう一度ゼロからやり直そうと思っています!」と気合いのコメントを発表している。

 新シリーズでは「生まれること、そして生きること」をテーマに掲げ、2年間という時間と経験が登場人物たちをどう変えたのか、さらに彼らの成長、心の揺れや葛藤などが新たな物語の縦軸となって紡がれていく。2年の間に産婦人科医としてのあり方を見つめなおす「事件」を経験したサクラ(綾野)は、「産婦人科医としてどう生きて行くのか? 自分に出来ることは何か?」と自分に問い続けていた。自分の未来を見据え、サクラの出す決断とは……。(編集部・海江田宗)