小6まで一度も学校に通わず、 12年間家庭学習だけで ハーバードに合格した子の親は 家でどんなことを教えていたのか?

写真拡大

◎文法不要! 和訳不要! 書き取り不要! 
◎親は教えなくていい! 隣でただニコニコして座っているだけでいい!
◎「1日たった5分のらくらく単語暗記法」を楽しんでたら、小2で英検準2級合格! 地方公立からハーバード合格!
◎週1回、たった75分の授業で、大学入試レベルの単語帳を小学生が音読!
……こんな英語教室が、九州の大分駅近くにあるのをご存じだろうか?
英語教室を運営する傍ら、これまで4〜18歳の3000人の子どもたちに実証済。長女が大分県の公立小中高からハーバード大学、ジュリアード音楽院合格とありえない成果を出し続けている、廣津留真理氏の最新刊『英語で一流を育てる──小学生でも大学入試レベルがスラスラ読める家庭学習法』が発売早々第4刷となった。
今回、再現性重視の観点から、最新ハーバード生200名リサーチを敢行。衝撃の事実が判明したという。
セレブ家庭でない普通の家庭の大分県の子どもたちに、どうやって本当の英語力をつけているのか? 
一体全体、どんな「奇跡の勉強法」なのだろうか? 

小6まで一度も学校に通わずに
12年間、家庭学習だけ

 私は、これまでハーバード生200名がどんな家庭環境で育ってきたかをリサーチしてきました。
 そこで驚くべきことがわかってきたのです。

 ジェフは、現在、ハーバード大学で心理学を学ぶ4年生。
 レスリング部の主将を務め、ハーバードで自然クラブを立ち上げ、リーダーをしています。

 小6まで一度も学校に通わず、12年間、家庭学習だけで育ちました。

 両親は、「興味があって好きなものなら、子どもは自分で学ぶもの」という信念のもと、常にジェフをよく見ていて、興味がありそうなものを深く掘り下げる工夫をしてきました。

「ジェフは日頃の暮らしぶりから自然が大好き」と気づいたお母さんは、ジェフを毎週バード・ウォッチングに連れていきます。

 それから12年間、ジェフは全70種、5000羽の渡り鳥の研究をボランティアで行ってきました。
 そのため、理科への興味がどんどん湧いてきたのです。

 さらに、お母さんのうまい工夫は続きます。
 ジェフが9歳のある日、アラスカのドキュメント番組に夢中になり、食卓での話がアラスカばかりになったとき、お母さんはピンときます。

 図書館からジャック・ロンドンの名著『野性の呼び声』(光文社、アラスカの大自然と戦う犬の話)を借りてきて、ジェフに勧めたのです。

 ジェフがこんな長い本格的な本を読むのは生まれて初めて。
 でも、アラスカについて知りたい好奇心から必死に読み進めます。
 読み終えただけでも拍手なのですが、両親がすごいのはここから。
 なんと、自分たちの友達をたくさん家に招き、ジェフに「読み終えた本はどんな内容だったの?」と、みんなの前で本の要約と感想を話して披露する会を開いたのです。

 発表後、みんなからたくさんほめてもらい、ジェフがとてもハッピーで、すっかり自信がついたことは言うまでもありません。

 これで自然に「書評」「読書感想文」の書き方が身につきました。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)