大坂なおみは元世界ランク5位のサファロバに敗れて8強入りならず [AEGONクラシック・バーミンガム]

写真拡大

「AEGONクラシック・バーミンガム」(WTAプレミア/イギリス・バーミンガム/6月19〜25日/賞金総額88万5040ドル/グラスコート)のシングルス2回戦で、大坂なおみ(日清食品)は元世界ランク5位のルーシー・サファロバ(チェコ)に2-6 4-6で敗れた。試合時間は1時間10分。

 両者は今回が初対戦。大坂は1回戦でローレン・デービス(アメリカ)を6-1 2-6 7-6(4)で破り、WTAツアーのグラスコートでの初勝利とともに、4月のチャールストン(WTAプレミア/クレーコート)以来となるツアー6大会ぶりの本戦勝利を挙げていた。

 サファロバは準々決勝で、第9シードのダリア・ガブリロワ(オーストラリア)と対戦する。ガブリロワは2回戦で、カテリーナ・シニアコバ(チェコ)を7-5 2-6 6-4で下しての勝ち上がり。

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真は「AEGONクラシック・バーミンガム」(イギリス・バーミンガム)の2回戦で元世界ランク5位のルーシー・サファロバに敗れた大坂なおみ
Photo:BIRMINGHAM, ENGLAND - JUNE 21: Naomi Osaka of Japan reacts during the second round match against Lucie Safarova of of The Czech Republic on day three of The Aegon Classic Birmingham at Edgbaston Priory Club on June 21, 2017 in Birmingham, England. (Photo by Ben Hoskins/Getty Images for LTA)