アルゼンチン在住のRocco Rissoくん(11)にはジャックという親友がいた。4年前に出会ってから、離れられなくなったワンコだ。

しかし、8ヵ月前のある日、ジャックは家を出たきり帰ってこなくなってしまった。

そんな親友と再会を果たした瞬間を収めた動画が、感動を呼んでいる。

お母さんから呼ばれて外に出たRoccoくん。ジャックを見つけると駆け寄って抱きしめ、大きなジャックに顔をうずめて泣き始めた。

ジャックも尻尾を振りながら、Roccoくんの喜びを全身で受け止めている。

少年がどれだけワンコのことを愛していたのかがよくわかる、感動的な動画だ。

7万人近くがリアクション

この動画は6月6日にYouTubeに投稿されると、20万回以上再生された。

同日にジャックの捜索を投稿した地域の掲示板にも投稿されており、そちらは2週間で6万7,000人以上からのリアクションを受けている。

170件以上寄せられているコメントは、「よかったね」「私も興奮した!」「美しい」など、再会を喜ぶ温かいものばかりだ。

お母さんの説明によると、ジャックのことを見つけたのはRisso家の知人だという。路上を歩いているのを見つけ、連れてきてくれたそうだ。

毎日ジャックのことを考えていた

YouTubeの説明欄によると、ジャックがいない8ヵ月の間、Roccoくんは毎日ジャックのことを思っていたそうだ。

チラシを作り、知り合いに話をし、Facebook上の掲示板を使って探し続けていた。

▼Facebookに投稿された写真

ROMI RISSO/Facebook

ROMI RISSO/Facebook

ある日、「ジャックが帰ってくる夢を見た」というRoccoくんに、お母さんは「そのことばかり考えるのはやめなさい。忘れたころに帰ってくるものだから」と話して聞かせたほどだという。

Roccoくんの夢が叶い、ジャックとの再会を果たしたのは、それから約10日後のことだった。