「足」トラブルが健康寿命を縮める!?(depositphotos.com)

写真拡大

 あなたは「足」にどれだけ注意を払って生活しているだろうか? 実はヒトの健康を大きく左右するのが「足」である。

 ところが、足は<冷遇>されている――。

 こう言うのは、下北沢病院(東京都)の菊池守院長。同院は2016年、日本初の「足の総合病院」として再スタートを切った。

 欧米諸国では古くから足に対する健康意識が高く、「ポダイアトリー(足病学)」が発展してきた。その優れた点を取り入れ、診断から治療、手術、リハビリや栄養指導まで<足の健康>をトータルでサポートするのが下北沢病院の特徴だ。

 菊池院長は「足のちょっとした痛みやトラブルは、日常の行動を控えさせ、生活の意欲にまで悪影響を及ぼす。ところが、多くの人はあまり足に関心を向けていない」と指摘する。

 では、足の健康が体全体の健康にどう影響を及ぼすのだろうか?

 「大きな影響は、足の変形や筋力の低下、関節の硬化などが進み、サルコペニアを招くことです。サルコペニアは高齢者のイメージですが、中高年から意識して予防することが大切です」
 *サルコペニア:筋肉の減少による「加齢性体力低下症」とも呼ばれる。加齢によって骨格筋量が減少して筋力が低下し、身体機能も衰える。活動量が落ちることで生活習慣病になるリスクを上昇させる。

フットケア先進国では<足のことは足病医>

 足のトラブルは、タコや巻き爪、皮膚の角質の変化、足のシビレに始まることが多い。

 「タコや角質の変化などが起きるのは、不自然な<負荷>が足にかかっているからです。<できたタコがカラダを守っている>というイメージは誤り。靴や歩き方に何らかの問題があると考えられます」(菊池院長)

 日本人の多くは「足のトラブルは病気ではない」という認識だ。ところが、日常を靴で過ごす欧米では、足の病気や異常に対する医療が古くから整備されている。

 米ジョージタウン大学創傷治療センターでフットケアを学んだ菊池院長は、アメリカのフットケア事情をこう話す。

 「アメリカでは、足専門の<足病医>の地位が確立し、日本の歯科医院のように多くの足病医のクリニックが点在します。足の創傷を治すには、足の構造などの専門的な知識がなければならない。<歯のことは歯医者>と同じように、フットケア先進国のアメリカでは、<足のことは足病医>という意識が一般的に定着しているのです」

 それほど欧米では、足の健康に関心が高いのだ。

足首や趾のかたさが不調の原因に

 体重のすべてがかかる足は、「歩く」という人間の優れた動作を支えている。我々が思っているよりも、足は酷使されている「器官」なのだ。

 「足のトラブルの一例に<タコができる>ことがあります。これは、靴が合わないという原因のほかに、いちばん多いのは、足首や趾(あしゆび)がかたくなっていることが挙げられます」

 「たとえば、丸いボールはスムーズに転がるが、サイコロはガタガタとぶつかりながら転がります。足首や趾がかたいとスムーズな歩行ができず、サイコロのように不自然な負荷が体にかかるのです。この状態が続くと、外反母趾や足のシビレなど不調などにつながることがあります」

 そこで、日常で簡単にできる予防法を一つ教えてもらった。

 「趾に手指を差し込んで前後に曲げ伸ばしたり、趾を握り込んだり、開いたり、<グー・パー>を行います。そして足首、アキレス腱のストレッチを行うこと。特にヒールの靴を履いている時間が長い女性は、アキレス腱が縮んだ状態が続き、かたくなっています。入浴後にでも足、趾の状況をチェックする習慣をつけるといいですね」

 足のタコや痛み、シビレなどの根本を改善しなければ、それを繰り返すことになる。菊池院長は「足のことで困ったら何でも気軽に相談してもらいたい」と締めくくった。


菊池守(きくち・まもる) 
下北沢病院(東京都)院長。大阪大学医学部卒業後、香川大学医学部形成外科助手、大阪大学医学部形成外科助手を経て2011年からベルギー・ゲント大学、12年より米ジョージタウン大学留学。帰国後、佐賀大学医学部附属病院形成外科診療准教授などを経て、16年から現職。日本形成外科学会専門医、日本フットケア学会評議員、日本下肢救済・足病学会評議員。趣味はスノーボード。

下北沢病院 shimokitazawa-hp.or.jp
2016年に「足と糖尿病の専門病院」としてオープン。欧米の「ポダイアトリー(足病学)」の優れた点を取り入れ、診断から治療、手術、リハビリや栄養指導に至るまで、各分野の専門家が<足の健康>をトータルでサポートする。下北沢駅南口から徒歩5分。