日本卓球協会の宮崎義仁強化本部長が「日本は若手の宝庫で、張本智和、平野美宇に続く選手はすぐ出てくる」「まだまだ中国の壁は高いが、10年後には今の小中学生たちが立場を逆転しているかもしれない」と発言したことが中国でも関心を集めている。写真は平野美宇。

写真拡大

2017年6月21日、日本卓球界で若手の台頭が著しい。アジア選手権で金メダル、世界選手権では48年ぶりの女子シングルス銅メダルを獲得した17歳の平野美宇。世界選手権の男子シングルスで史上最年少の13歳で8強入りした張本智和。中国メディア・新浪体育は日本メディアの報道を引用し、日本卓球協会の宮崎義仁強化本部長が「日本は若手の宝庫で、次から次に出てくるシステムが出来上がっている。張本、平野に続く選手はすぐ出てくる」「まだまだ中国の壁は高いが、10年後には今の小中学生たちが立場を逆転しているかもしれない」と発言したと伝え、中国でも高い関心を集めている。

中国のネット上では、この発言について「競争が生まれるのは良いことだ」「中国が無敵すぎて寂しいくらいだ。日本には頑張ってもらいたい」「日本の野心は小さくないが、中国も有望な若手が次々に出てくることを忘れてはいけない」などと日本がライバルとなることを好意的に受け止める意見がある一方で、「彼らは10年後も『10年後になれば…』と語っているはず」「中国サッカーが10年前、いずれ日本や韓国との立場を逆転できると言っていたのを思い出してしまう」といった声もあった。

また、中国卓球女子の孔令輝(コン・リンフイ)監督がカジノ賭博疑惑で処分を受けたほか、中国代表チームの体制変更で総監督の職が廃止され、劉国梁(リウ・グオリアン)氏がその座を離れ協会の副主席となることなどを挙げ、「以前なら日本が中国を上回るなどという話を信じることはなかったのだが…」といった声も聞かれている。(翻訳・編集/柳川)